マーケティングプラットフォーム「アドエビス」、最新版Safari搭載のITP2.1に対応。

株式会社ロックオン(本社:大阪府大阪市北区 代表取締役:岩田 進)は、マーケティングプラットフォーム「アドエビス」において、Apple社のSafariブラウザに追加された最新版トラッキング防止機能Intelligent Tracking Prevention(以下、ITP)2.1の影響を最小限(※)にSafariブラウザでの計測を継続できるよう対応を行いましたので、お知らせいたします。

ITPとは、Apple社が2017年よりiOS/macOSに実装した機能で、Safari内においてCookieの働きを制限することで、サイト間のトラッキングを抑制するというものです。2018年にはITP2.0がリリースされ、3rd party Cookieは即時削除されるようになりました。最新のITP2.1では、これまで計測可能だった1st party Cookieに対しても制限が設けられ、7日間アクセスのないユーザーに対するトラッキング及びリターゲティング広告等の配信に影響が生じる可能性があります。

お客様に高精度かつ正確な計測データを提供すべく、アドエビスでは従来の計測方法に加え、1st party Cookieのデータに依存しない新たな計測方法を実装いたしました。2017年11月15日より提供の新タグへの移行が完了しているお客様、または新タグの提供以降にご契約のお客様に関しては、追加作業なく、ITP2.1の影響を最小限(※)に抑えた計測が可能となります。

今後もアドエビスは、精度の高い広告効果の測定とデジタルマーケティングを取り巻く環境への素早い対応を通して、企業のデジタルマーケティングを支援してまいります。

※同一アカウントで、複数ドメインを計測されている場合、一部計測に制限がでることがございます。

「アドエビス」について

「アドエビス」は、顕在層向け施策である、刈り取り型の広告の効果測定はもちろん、潜在層向け施策であるコンテンツマーケティングや動画広告等、あらゆるマーケティングにおけるユーザー接触ログデータを蓄積することができます。蓄積したログデータを用いることにより、マーケティングにおけるパフォーマンス最大化のための仮説立て・予算最適化・検証を行うマーケティングプラットフォームです。

本件に関するお問い合せ先

株式会社ロックオン 広報担当:金 ナリ(きむ なり)
問い合わせフォーム:https://www.ebis.ne.jp/contact/
TEL:06-4795-7500

このカテゴリの新着記事

  1. 2019.04.10アドエビス、広告配信プラットフォームとの連携実績21社突破!プラットフォーム間の広告評価基準を統一できる「ポストバック機能」が順次拡大中。
  2. 2019.03.13マーケティングプラットフォーム「アドエビス」、広告効果測定市場で4年連続No.1! シェア44.2%で引き続き業界をけん引。
  3. 2019.03.05アドエビス、デジタルマーケティングを成功へ導く大規模メジャーアップデート「AD EBiS UPDATE 2019 Spring」を発表、4月より順次リリース。~3/13開催『AD EBiS Conference 2019』にて全容公開・参加申込受付中~
  4. 2019.02.04アドエビス、来店購入や電話注文といったオフラインで発生したコンバージョンを 加味した広告評価とアトリビューション分析が可能に。
  5. 2019.01.09アドエビス、BIツール導入におけるシステム構築支援サービスを開始。 ~データ連携とレポート画面の構築支援で、ツール導入時の課題を解消、迅速な経営判断をサポート~

Archive