アドエビス、デジタルマーケティングを成功へ導く大規模メジャーアップデート「AD EBiS UPDATE 2019 Spring」を発表、4月より順次リリース。~3/13開催『AD EBiS Conference 2019』にて全容公開・参加申込受付中~

株式会社ロックオン(本社:大阪府大阪市北区 代表取締役:岩田 進)は、マーケティングプラットフォーム「アドエビス」において、メジャーアップデート「AD EBiS UPDATE 2019 Spring」を2019年4月より順次リリースすることをお知らせいたします。

「AD EBiS UPDATE 2019 Spring」は、データ活用で導くデジタルマーケティングの成功をテーマにデータ連携の自動化と直感的なビジュアルで意思決定をサポートする各種機能を追加し、データ分析と投資判断の効率化を実現します。

アップデート背景

スマートフォンの普及やデジタル環境の整備により、誰もがいつでも簡単にWebにアクセスできるようになりました。時間や場所、ニーズによって閲覧するデバイスを使い分け、オンラインとオフラインをシームレスに行き来する消費行動が普及し、ますます購買プロセスが複雑になっています。
デジタルマーケティングの進化に伴い、企業は複雑化する消費行動や施策の効果を可視化する様々なデータを取得できるようになった一方で、大量のデータを分析し、活用する難易度も年々上がっています。
そこで今回のアップデートでは、マーケターの視点で計測データの分析から活用までのプロセスを一から見直し、データ活用と投資判断を飛躍的に向上させる大幅な機能追加を実施いたします。より便利に、より正確にデータを活用するためのプラットフォームを用意し、マーケティング活動を成功へ導きます。

広告データの自動取得機能を刷新し、簡単かつスピーディーな投資判断が可能に。

アドエビスでは、広告データの自動取得機能を根本から見直し、コストやインプレッションなどの媒体データを効率的かつ迅速に取得できる仕組みを構築しました。
新しい広告データ取得機能を利用すれば、初期設定時に連携を行う媒体を選択するだけで、日次で広告データの自動取得が可能となります。これにより、マーケターはこれまでデータの集計と加工にかかっていた工数を削減でき、効果的な投資判断と改善施策の立案に集中することができます。
また、広告データ取得機能の刷新により、迅速かつ柔軟に新しい媒体の追加が可能となります。5月中旬を目途にGoogle広告、Yahoo!プロモーション広告のスポンサードサーチとYahoo!ディスプレイアドネットワーク(YDN)、Facebook(Instagram)の自動連携が決定しており、今後もTwitterやCriteoなど順次拡大を予定しています。(※)

アトリビューション実績を加味したレポート機能で、正確な意思決定をアシスト

「AD EBiS UPDATE 2019 Spring」では、レポート機能も大幅にブラッシュアップ。直感的に分かりやすくビジュアライズされたレポート機能でマーケターの意思決定をサポートします。過去9,000アカウント以上に提供してきたアドエビスのノウハウを集結したフレームワークを用いて施策の効果改善に直結する機能開発を目指しました。新しいレポート機能は、4月中旬以降、順次リリースを予定しています。(※)
現状把握と着地見込みを予測できるダッシュボードを追加
 CVや広告の予算消化率、CPA、ROASといった主要指標の進捗状況と月末時点の着地見込みを視覚化。さらに、期間別推移の比較も可能になります。直感的に分かりやすいビジュアルにこだわり、スピーディーな現状把握をサポートします。

広告のパフォーマンスと削減可能な予算を可視化
キャンペーンや訴求内容に応じて成果を細分化し、分析する「ABCD評価分析」と投資コストとコンバージョンの獲得状況から費用対効果をスコアリングする「コストアロケーション分析」の2つのレポート機能を追加、広告予算最適化へのヒントを提供します。

3/13開催「AD EBiS Conference 2019」にてアップデートの全容と事例を公開!

「AD EBiS UPDATE 2019 Spring」のリリースに際し、その全容とアドエビスに関わる知見やノウハウをシェアし、ビジネスを加速させるカンファレンスを2019年3月13日(水)に開催します。

【開催日時】2019年3月13日(水)15:30~(15:00開場)
【開催場所】東京都千代田区丸の内1-6-5 丸の内北口ビルディング 16階
【参加費用】無料
【参加申込】特設サイトよりお申込みください。https://go.ebis.ne.jp/conference2019

※正式リリース予定は開発状況により事前の告知なく変更になる可能性がございます。

「アドエビス」について

「アドエビス」は、顕在層向け施策である、刈り取り型の広告の効果測定はもちろん、潜在層向け施策であるコンテンツマーケティングや動画広告等、あらゆるマーケティングにおけるユーザー接触ログデータを蓄積することができます。蓄積したログデータを用いることにより、マーケティングにおけるパフォーマンス最大化のための仮説立て・予算最適化・検証を行うマーケティングプラットフォームです。

本件に関するお問い合せ先

株式会社ロックオン 広報担当:金 ナリ(きむ なり)
問い合わせフォーム:https://www.ebis.ne.jp/contact
TEL:06-4795-7500

このカテゴリの新着記事

  1. 2019.03.13マーケティングプラットフォーム「アドエビス」、広告効果測定市場で4年連続No.1! シェア44.2%で引き続き業界をけん引。
  2. 2019.02.04アドエビス、来店購入や電話注文といったオフラインで発生したコンバージョンを 加味した広告評価とアトリビューション分析が可能に。
  3. 2019.01.09アドエビス、BIツール導入におけるシステム構築支援サービスを開始。 ~データ連携とレポート画面の構築支援で、ツール導入時の課題を解消、迅速な経営判断をサポート~
  4. 2018.12.14アドエビス、広告配信プラットフォームに広告成果を返す「ポストバック機能」をリリース ~ ITPに対応した高精度の効果測定で広告配信プラットフォームを支援、5社で先行導入を開始 ~ 
  5. 2018.11.13アドエビス、「AD EBiS Partner Award 2018」を発表 ~アドエビスを活用したマーケティング支援実績優良パートナー6社、EBiStar取得上位6社が受賞~

Archive