アドエビス、クラウドストレージサービスとの連携を強化。データストレージへのシームレスな統合でデータ活用を促進。

株式会社ロックオン(本社:大阪府大阪市北区 代表取締役:岩田 進)は、2018年7月24日(火)よりマーケティングプラットフォーム「アドエビス」とAmazon Web Services, Inc.が提供する「Amazon Simple Storage Service (以下、Amazon S3)」、Googleが提供する「Google Cloud Storage™」との連携を開始することを発表します。

企業データとマーケティングデータの統合を自動化

インターネットやスマートフォンの普及によりビジネスのデジタル化が進み、多くのサービス提供シーンにおいてビッグデータと呼ばれる巨大なデータの取得が行われていますが、取得されたビッグデータは分断された状態で保存されているケースが多いのが現状です。そのため、これらのデータを統合し、分析する為にクラウドストレージサービスの利用が年々増加しています。

このような背景から顧客データやPOSデータを始めとする企業が保有するビッグデータとアドエビスで収集したマーケティングデータ(広告ログ,Webアクセスログ等)を、Amazon S3及びGoogle Cloud Storage™上でシームレスに統合・分析できるよう、この度の連携を実現しました。
統合されたビッグデータは様々な分析基盤やBIツールとの連携で、認知から購買、リピートに至るまでのユーザー行動や、ユーザー属性及びインサイトなど様々な角度から分析・レポートが可能となります。
これにより、高度な広告施策の評価はもちろん、市場拡大や認知向上といったマーケティング戦略全体の成果に貢献します。

導入事例「株式会社プレシジョンマーケティング様」

デジタルマーケティングのコンサルティング、運用型広告の各種支援を行う株式会社プレシジョンマーケティングにてGoogle Cloud Storage™とのデータ連携を先行提供、以下の点で活用いただいています。

<広告ログデータと顧客データを統合した”透明性”のある広告運用>
某人材系クライアントでは新規顧客の獲得を目的とした広告を出稿していましたが通常の広告ログデータだけでは、顧客のステータスを把握することが難しく、どの広告が新規顧客の獲得に寄与したかを正確にレポートすることが出来ませんでした。

現在は、アドエビスで収集した広告ログデータと、クライアント側の基幹システムが保有する顧客データをGoogle Cloud Storage™上に連携し、Google BigQuery™にてシームレスに統合、Google Data Studio上で実成約の結果を踏まえたレポーティングを行っています。

本連携機能の導入により、Google Cloud Storage™上でのシームレスなデータ統合と分析・レポートまでを自動化することができ、施策評価の“透明性”を実現。効率的な新規顧客の獲得につながる投資先と訴求を可視化する分析基盤を構築できるようになりました。


<株式会社プレシジョンマーケティングについて>
2007年5月設立、運用型広告を中心としたデジタルマーケティングの運用・コンサルティングを主事業とし、これまで累計200社以上をご支援。創業時より営業だけを担当する社員を一人もおかないスタイルを貫き、各クライアント様の課題解決のために『社外で一番の理解者であり続けること』、『お客様満足度を常に追求すること』をビジョンとしご支援させていただいております。また2018年3月より、今後のデジタルマーケティングを担う人財の教育・育成にも積極的に取り組むため、株式会社プレシジョンアカデミーを設立。
PREMIER Google Partner、Yahoo!マーケティングソリューション シルバーパートナー、Criteoワンスター代理店、Indeed認定シルバーパートナー。
URL:https://www.precimarke.jp

※Amazon Web Services, Amazon Simple Storage Service, Amazon S3 は、米国その他の諸国における、Amazon.com, Inc.またはその関連会社の商標です。
※Google Data Studioは、Googleが提供する Google Cloud Platform™の一つです。
※GoogleおよびGoogle Cloud Storage、BigQuery、Google Cloud Platformは、Google LLC の登録商標または商標です。

「アドエビス」について

「アドエビス」は、顕在層向け施策である、獲得型広告の効果測定はもちろん、潜在層向け施策であるコンテンツマーケティングや動画広告等、マス媒体であるテレビCMに至るまで、あらゆるマーケティングにおけるユーザー接触ログデータを蓄積することができます。蓄積したログデータを用いることにより、マーケティングにおけるパフォーマンス最大化のための仮説立て・予算最適化・検証を行うマーケティングプラットフォームです。
URL: https://www.ebis.ne.jp

本件に関するお問い合せ先

株式会社ロックオン 広報担当:金 ナリ(きむ なり)
問い合わせフォーム:https://www.ebis.ne.jp/contact/
TEL:06-4795-7500

このカテゴリの新着記事

  1. 2018.11.13アドエビス、「AD EBiS Partner Award 2018」を発表 ~アドエビスを活用したマーケティング支援実績優良パートナー6社、EBiStar取得上位6社が受賞~
  2. 2018.10.23アドエビス、新機能「コンテンツアトリビューション分析」をリリース。広告効果分析のノウハウをコンテンツ計測にも応用。
  3. 2018.10.11アドエビスの専門知識を持つパートナーを認定する制度「EBiStar」を新設。第1回EBiStar取得企業を発表
  4. 2018.09.27アドエビス、「Red」、「FreakOut DSP」と連携開始。ユーザーログを活用した広告配信が可能に。
  5. 2018.09.20アドエビス、LogicadとRed・FreakOut DSPの広告コスト自動取得を開始

Archive