アドエビス、特定のユーザー行動をマーケティング成果として可視化できる「シナリオコンバージョン」機能を提供開始。

株式会社ロックオン(本社:大阪府大阪市北区 代表取締役:岩田 進)は、マーケティングプラットフォーム「アドエビス」のバージョンアップを行い、2018年6月18日(月)より「シナリオコンバージョン」機能を提供開始することを発表します。

ユーザー行動の変化を評価指標へ

「シナリオコンバージョン」は、一連のユーザー行動をコンバージョン(マーケティング成果)として広告の効果測定やアトリビューション分析に活用できる新機能です。
これまでアドエビスでは、カスタマージャーニー分析をはじめとした分析機能を活用することにより、ユーザー行動の可視化に努めてきました。シナリオコンバージョンでは、これらの分析によって明らかになった一連のユーザー行動を登録し、コンバージョンとして個別に設定いただけるようになります。
期待するユーザー行動を予めアドエビスに設定することにより、明確なコンバージョンポイントが存在しないブランドサイトにおいても、ユーザー行動を基準として、コンバージョン数をレポートすることが可能となります。
また、本機能で取得したデータは、アトリビューション分析やカスタマージャーニー分析はもちろん、人工知能(AI)を用いたクロスデバイス機能においても活用でき、様々なシーンでのマーケティング効果検証を実現します。

「アドエビス」について

「アドエビス」は、顕在層向け施策である、刈り取り型の広告の効果測定はもちろん、潜在層向け施策であるコンテンツマーケティングや動画広告等、マス媒体であるテレビCMに至るまで、あらゆるマーケティングにおけるユーザー接触ログデータを蓄積することができます。蓄積したログデータを用いることにより、マーケティングにおけるパフォーマンス最大化のための仮説立て・予算最適化・検証を行うマーケティングプラットフォームです。

本件に関するお問い合せ先

株式会社ロックオン 広報担当:金 ナリ(きむ なり)
問い合わせフォーム:https://www.ebis.ne.jp/contact/
TEL:06-4795-7500

このカテゴリの新着記事

  1. 2018.09.20アドエビス、LogicadとRed・FreakOut DSPの広告コスト自動取得を開始
  2. 2018.09.04アドエビス、電話効果測定ツール「CallTracker」と連携開始。 Web広告経由の電話コンバージョン計測が可能に。
  3. 2018.08.09アドエビス、人工知能搭載「クロスデバイス機能」を提供開始。特許出願中の独自技術で、先行導入企業ではSNS経由の獲得数が最大150%増加
  4. 2018.07.24アドエビス、クラウドストレージサービスとの連携を強化。データストレージへのシームレスな統合でデータ活用を促進。
  5. 2018.06.28アドエビス、CDP「TREASURE CDP」と連携開始。 マーケティングデータと様々なビッグデータのシームレスな統合と分析が可能に。

Archive