サイバーソースのクレジットカード決済機能をECオープンソース「EC-CUBE」に標準搭載

株式会社ロックオン(所在地:大阪府大阪市 代表取締役:岩田進)は、オープンソースのEC パッケージ「EC-CUBE(イーシー・キューブ)」1 系に、サイバーソース株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:白崎克彦、以下サイバーソース)クレジット決済機能標準搭載を開始致しました。
両社はサイバーソースの決済モジュールを株式会社ロックオンのEC サイト構築オープンソース『EC-CUBE』(以下、「EC-CUBE」という)への標準搭載を完了し、販売営業における提携についても合意しました。 この提携によりEC 企業は国内外での導入実績を誇るサイバーソースの決済システムを「EC-CUBE」を採用することで、技術的な開発面等、初期にかかる投資を抑えた導入が可能になります。

サイバーソースのクレジットカード決済サービス

膨大なデータ処理リクエストに対しても十分な対応が可能なサイバーソースの決済ソリューションは、国内企業はもとよりグローバル企業の決済取引に広く選ばれています。
•サイバーソースとの契約のみで国際カードブランド5 社(Visa、Master、JCB、Amex、Diners)を網羅したカード加盟店契約を締結
•会員制などの継続的な課金、一度の登録で再度のカード番号入力が不要なワンクリック型決済などビジネスのモデルにあわせた運用が可能に
•EC 企業の担当者が日々の決済状況を確認できる管理画面「ビジネスセンター」をご用意
•カード不正利用対策としてカードブランド各社が推奨する本人認証サービス(3D セキュア)のワンストップ導入が可能に
•日英バイリンガルサポートサービス

国際標準レベルのセキュリティ

カード情報、個人情報の漏洩はビジネスにとっていまや死活問題です。サイバーソースのデータセンターはクレジットカード業界における国際的な情報セキュリティ規格(PCIDSS: Payment Card Industry Data Security Standard) に準拠したミッションクリティカル。すなわち24 時間365 日の有人管理体制のもと、世界トップレベルの堅固なセキュリティを誇ります。

EC-CUBE について

EC-CUBE は日本発のEC オープンソースです。ASP 型のEC 構築ツールのように安価で手軽にEC サイトをオープンする事でき、さらに、店舗の成長にあわせて、デザイン・機能ともに自由にカスタマイズを加える事ができます。

サイバーソースについて

CyberSource Corporation はオンラインにおける決済手段とリスクマネージメントに関するソリューションを提供するリーディングカンパニーです。米国ダウ工業平均に含まれる企業の半数以上を含み、世界では約217,000 の企業がサイバーソースのソリューションを利用しています。サイバーソースは米国カリフォルニアのマウンテンビューに本拠を於き、日本、英国及び米国各地に営業拠点を構えます。

関連サイトURL

EC-CUBE オフィシャルサイト

http://www.ec-cube.net/

EC-CUBE 開発コミュニティ

https://xoops.ec-cube.net/

EC-CUBE マニュアルサイト

http://wiki.ec-cube.net/

サイバーソース

http://www.cybersource.co.jp/

このカテゴリの新着記事

  1. 2018.12.20EC-CUBEと越境EC自動出品サービス「LISUTO!」がパートナーシップ契約を締結。AIが日本語の商品情報を自動最適化。手間なく世界中のECモールへ販路拡大が可能に
  2. 2018.12.19新しいEC-CUBEコミュニティを体感できるパートナー向けイベント「EC-CUBEパートナー新年会2019」を2019年1月24日(木)、東京 銀座で開催~ We are Community ! これからのEC-CUBEを創造する新しいネットワーキングイベント ~
  3. 2018.12.03株式会社ロックオン、最新版の不具合・機能修正を実施し、より安定した「EC-CUBE 4.0.1」をリリース。EC-CUBE 4公開から1ヵ月半でプラグイン、ドキュメント、提案用ツールなど周辺環境も充実  ~ あわせてEC-CUBE 今後のロードマップ・各バージョンのメンテナンス方針も公開 ~
  4. 2018.11.30株式会社ロックオン、ECにおけるモバイルユーザー体験の向上を目指し「AMPプラグイン」のβ版をリリース。あわせて、EC業界全体への貢献を目的として技術情報も公開。
  5. 2018.11.22株式会社ロックオン、「EC-CUBE 4」用の「Adobe XD」テンプレートファイルを提供開始。案件提案時の仕様書やプロトタイプ作成、デザイン、コーディングまで幅広く活用可能。

Archive