マーケティングプラットフォーム「アドエビス」、 EC通販用CRM/MAツール「うちでのこづち」と連携開始。 新規獲得からリピート施策の実施・検証までをシームレスに。

株式会社ロックオン(本社:大阪府大阪市北区 代表取締役:岩田 進)は、マーケティングプラットフォーム「アドエビス」と、株式会社E-Grant(本社:東京都港区、代表取締役:向 徹)が提供するEC通販CRMツール「うちでのこづち」の連携を開始することを発表します。

日本国内のインターネット市場規模は成長を続けており、今後もさらに市場拡大の予測がされています。その一方でEC事業者にとって、新規顧客の獲得効率悪化に伴う、ROAS(広告費用対効果)の低下は大きな課題となっています。
ROAS改善を行う為には、リピート顧客育成やLTV改善による中長期視点での売上増加が必要とされますが、広告施策の評価指標はCPAをはじめとした、一度の購買に対する指標で最適化されるケースが多く、新規の顧客獲得とロイヤルカスタマーの顧客育成は切り分けて考えられてきました。その為、企業にとって中長期的な売上増加を見据えた、広告予算の投資判断が困難な状況となっていました。

今回、アドエビスとEC通販用CRM/MAツール「うちでのこづち」を連携することで、顧客情報とWEB上の広告施策を含む行動履歴を紐付けた施策の実施・検証が可能となります。
初回購入のきっかけとなった施策から、購買頻度や購入継続率といった長期的な関係性までを可視化することで、新規顧客獲得からリピート顧客育成まで一気通貫したコミュニケーション戦略の立案・実施・検証を行えます。

これにより企業は、リピート購入やLTVを元に広告施策の評価が可能となり、中長期的な売上増加を見据えた投資判断が行えるようになります。

「アドエビス」について

「アドエビス」は、顕在層向け施策である、刈り取り型の広告の効果測定はもちろん、潜在層向け施策であるコンテンツマーケティングや動画広告等、マス媒体であるテレビCMに至るまで、あらゆるマーケティングにおけるユーザー接触ログデータを蓄積することができます。蓄積したログデータを用いることにより、マーケティングにおけるパフォーマンス最大化のための仮説立て・予算最適化・検証を行うマーケティングプラットフォームです。

「うちでのこづち」について

「うちでのこづち」は、EC・通販企業が抱えるLTV・リピート売上向上という課題を解決するCRM / MAツールです。化粧品・健康食品・食品、アパレル・総合通販、BtoB通販など幅広いジャンルで活用されており、顧客分析から、LINE@配信、メール配信、DM、アウトバウンド、SMS配信、DMP広告配信機能など、様々なマーケティング・オートメーション施策、効果検証までを一気通貫をして行い、確実にリピート売上・LTVを拡大させていくことができます。現在、年商数千万円~数百億円までの企業450社以上に提供を行っています。

本件に関するお問い合せ先

株式会社ロックオン 広報担当:金 ナリ(きむ なり)
問い合わせフォーム: https://www.lockon.co.jp/contact
TEL:06-4795-7500
■株式会社E-Grant概要
会社名:株式会社E-Grant
東京本社:〒141-0031東京都品川区西五反田2丁目30-4 BR五反田ビル8階
代表者:向 徹(むかい とおる)
設立:2007年6月
事業内容:株式会社E-Grant(イーグラント)は、リピート通販用CRM / MAツール「うちでのこづち」を通じて、通販企業様と顧客データを用いた顧客分析×CRMマーケティング施策を行い、高いコストパフォーマンスを実現しています。

URL:https://www.e-grant.co.jp

このカテゴリの新着記事

  1. 2018.04.19アドエビス、株式会社ディーアンドエムと協業し、450万人の消費者データを利用した、新しいリサーチサービスをリリース。
  2. 2018.04.18株式会社ロックオン、「Japan IT Week 春 ビッグサイト」内、「Web&デジタルマーケティングEXPO春」に出展
  3. 2018.04.10アドエビス、通販特化型CRM「LTV-Lab」と連携開始。LTVを加味した広告評価が可能に。
  4. 2018.04.04株式会社ロックオン、「Web担当者Forum ミーティング 2018 春」に協賛。広告費が「増えた企業」と「増えない企業」の違いについてセミナーを実施。
  5. 2018.03.27アドエビス、マーケティングツール「MakeRepeater」と連携開始。 MakeShop利用者を中心に、行動ログを活用したメール配信システムを提供。

Archive