マーケティングプラットフォーム「アドエビス」、DSP「Logicad」と連携開始~行動からユーザーを絞り込み、広告配信可能に~

株式会社ロックオン(本社:大阪府大阪市北区 代表取締役社長:岩田 進)は、マーケティングプラットフォーム「アドエビス」と、ソネット・メディア・ネットワークス株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役:石井隆一、以下ソネット・メディア・ネットワークス)が提供するDSP「Logicad」との連携を2017年10月2日(月)より開始することを発表します。

この度のLogicadとの連携により、アドエビスが保有する2億件を超えるユーザーログデータを活用した広告の配信が可能となります。
広告の表示やクリック、自然検索の有無、サイト内のページ閲覧数やコンバージョンポイントへの到達状況、デバイス情報といったユーザーログデータを複数の条件から絞り込み、アドエビス独自の配信リストを作成し、Logicadのネットワークを利用した広告配信が可能となります。

リターゲティング広告は配信リストによって成果が大きく左右する為、質の高い配信リストの作成は、広告を出稿する企業にとって重要な役割を担っています。
今回の連携により、アドエビスで蓄積されたユーザーログデータを利用した「質の高い配信リスト」への広告配信が可能となるため、より効率的な広告収益の向上を期待することができます。

・セグメント例
- 特定の広告に接触後、自然検索をしているユーザー
- 3回以上特定のページを視聴しているユーザー  など

アドエビスをすでに利用している企業は、これまでの計測データを利用したLogicadでの広告配信が可能となります。

「アドエビス」について

「アドエビス」は、顕在層向け施策である、刈り取り型の広告の効果測定はもちろん、潜在層向け施策であるコンテンツマーケティングや動画広告等、マス媒体であるテレビCMに至るまで、あらゆるマーケティングにおけるユーザー接触ログデータを蓄積することができます。蓄積したログデータを用いることにより、マーケティングにおけるパフォーマンス最大化のための仮説立て・予算最適化・検証を行うマーケティングプラットフォームです。

「Logicad」について

「Logicad」は、大規模な配信ログ、オーディエンスデータを高速かつ安定的に処理することが可能なシステムインフラを備え、独自のアルゴリズムを用い、RTBにも対応した自社開発の広告配信最適化プラットフォームです。

ソネット・メディア・ネットワークス株式会社概要

会社名:ソネット・メディア・ネットワークス株式会社
本社所在地:〒141-0032東京都品川区大崎2丁目11番1号 大崎ウィズタワー
代表者:石井 隆一(いしい りゅういち)
設立:2000年3 月21 日
事業内容:マーケティングテクノロジー事業
URL:http://www.so-netmedia.jp/

本件に関するお問い合せ先

株式会社ロックオン 広報担当:金 ナリ(きむ なり)
問い合わせフォーム: https://www.ebis.ne.jp/contact/
TEL:06-4795-7500

このカテゴリの新着記事

  1. 2018.11.13アドエビス、「AD EBiS Partner Award 2018」を発表 ~アドエビスを活用したマーケティング支援実績優良パートナー6社、EBiStar取得上位6社が受賞~
  2. 2018.10.23アドエビス、新機能「コンテンツアトリビューション分析」をリリース。広告効果分析のノウハウをコンテンツ計測にも応用。
  3. 2018.10.11アドエビスの専門知識を持つパートナーを認定する制度「EBiStar」を新設。第1回EBiStar取得企業を発表
  4. 2018.09.27アドエビス、「Red」、「FreakOut DSP」と連携開始。ユーザーログを活用した広告配信が可能に。
  5. 2018.09.20アドエビス、LogicadとRed・FreakOut DSPの広告コスト自動取得を開始

Archive