マーケティングプラットフォーム「アドエビス」、 SNSマーケティングプラットフォーム「モニプラ」との連携を開始。 ユーザー行動と定性データを掛け合わせた施策評価が可能に。

株式会社ロックオン(本社:大阪府大阪市北区 代表取締役社長:岩田 進)は、マーケティングプラットフォーム「アドエビス」と、アライドアーキテクツ株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:中村壮秀、以下アライドアーキテクツ)が提供するSNSマーケティングプラットフォーム「モニプラ」との連携を開始することを発表します。

デジタル施策の重要性が高まる中、企業はPVやクリック、コンバージョンといったユーザー行動に基づいたデータを用いて施策の良し悪しを判断しています。中でも、ブランド認知を目的としたブランディング施策や、テレビCM・店頭施策といった施策は、データ取得の方法やそれらを検証する方法が確立されていないことから、評価自体が困難な状況とされてきました。

今回のサービス連携により、施策に触れたユーザーのサービス理解度・好意度といった態度変容の計測が出来るようになり、行動データと定性データを掛け合わせた施策の評価が可能となります。

アドエビスが保有するユーザーログデータ(ユーザー単位の、広告表示やクリック・動画や記事広告の閲覧状況)と、アライドアーキテクツが提供するSNSマーケティングプラットフォーム「モニプラ」のアンケートキャンペーン機能によって取得された、ユーザーロイヤリティの変化などの「定性データ」を紐付けることで、「行動データ」に「定性データ」を加えた施策の評価が可能になります。

これにより、これまで困難とされてきたブランディング施策の成果分析はもちろん、個別ユーザーの定点観測による実施前後の態度変容といった、次のアクションに必要となるデータを正確・容易にレポーティングが出来るため、企業はこれまで以上に迅速で的確な改善の意思決定が可能となります。

「アドエビス」について

「アドエビス」は、顕在層向け施策である、刈り取り型の広告の効果測定はもちろん、潜在層向け施策であるコンテンツマーケティングや動画広告等、マス媒体であるテレビCMに至るまで、あらゆるマーケティングにおけるユーザー接触ログデータを蓄積することができます。蓄積したログデータを用いることにより、マーケティングにおけるパフォーマンス最大化のための仮説立て・予算最適化・検証を行うマーケティングプラットフォームです。

「アライドアーキテクツ」について

「ソーシャルテクノロジーで、世界中の人と企業をつなぐ」というミッションのもと、企業がFacebookやTwitter、InstagramなどのSNSを効果的にマーケティング活用するための様々なサービス/ソリューションを提供する、国内最大級のSNSマーケティング専業会社です。これまでに4,000社以上と取引実績を持ち、約500万人のSNSユーザーネットワークを擁しています。2012年よりグローバル展開を開始し、現在は中国や東南アジアなど世界に向けてサービスを提供しています。

アライドアーキテクツ株式会社概要

会社名:アライドアーキテクツ株式会社
所在地:〒150-0013東京都渋谷区恵比寿一丁目19-15 ウノサワ東急ビル4階
代表者:中村 壮秀(なかむら まさひで)
設立: 2005年8月30日
事業内容:SNSマーケティング支援事業
URL:http://www.aainc.co.jp

本件に関するお問い合せ先

株式会社ロックオン 広報担当:金 ナリ(きむ なり)
問い合わせフォーム: https://www.ebis.ne.jp/contact/
TEL:06-4795-7500

このカテゴリの新着記事

  1. 2018.09.20アドエビス、LogicadとRed・FreakOut DSPの広告コスト自動取得を開始
  2. 2018.09.04アドエビス、電話効果測定ツール「CallTracker」と連携開始。 Web広告経由の電話コンバージョン計測が可能に。
  3. 2018.08.09アドエビス、人工知能搭載「クロスデバイス機能」を提供開始。特許出願中の独自技術で、先行導入企業ではSNS経由の獲得数が最大150%増加
  4. 2018.07.24アドエビス、クラウドストレージサービスとの連携を強化。データストレージへのシームレスな統合でデータ活用を促進。
  5. 2018.06.28アドエビス、CDP「TREASURE CDP」と連携開始。 マーケティングデータと様々なビッグデータのシームレスな統合と分析が可能に。

Archive