ECオープンソース『EC-CUBE』のロゴマークをクリエイティブ・コモンズ・ライセンスにて公開

株式会社ロックオン(所在地:大阪府大阪市 代表取締役:岩田 進)は、国内発のECオープンソース「EC-CUBE」のロゴマークをこの度、クリエイティブ・コモンズ・ライセンスにて公開することに致しました。
お陰さまでEC-CUBEは、現在多くのECサイト構築の基礎として、またWeb制作の現場で広く利用され始めています。これに伴い、EC-CUBEロゴマークは、ウェブサイトや雑誌紙面などの様々なシーンでのご利用を要望される声が増えてきておりました。しかし、これまでは、ロゴマークの利用に関しての取り決めが曖昧であり、流通の障壁となっておりました。
そこで、この度、ロゴマークを「より幅広く・より便利に・より多くの方に」ご活用いただけるよう、クリエイティブ・コモンズ・ライセンスの「創造的な作品に柔軟な著作権を定義する」という考えの下、公開することを決定致しました。
これにより、「より幅広く・より便利に・より多くの方に」EC-CUBEを知って頂き利用して頂くことで、開発の改善・サービスの向上を見込みます。

クリエイティブ・コモンズについて

アメリカの憲法学者Lawrence Lessig教授が中心になって運営されているプロジェクトです。制作物の知的財産権による制限を意図的に部分的な制限とし残りを「共有」とすることにより、様々な創意工夫活動を支援できるとするものです。
http://www.creativecommons.jp/

EC-CUBE商標の取扱いについて

このカテゴリの新着記事

  1. 2018.12.20EC-CUBEと越境EC自動出品サービス「LISUTO!」がパートナーシップ契約を締結。AIが日本語の商品情報を自動最適化。手間なく世界中のECモールへ販路拡大が可能に
  2. 2018.12.19新しいEC-CUBEコミュニティを体感できるパートナー向けイベント「EC-CUBEパートナー新年会2019」を2019年1月24日(木)、東京 銀座で開催~ We are Community ! これからのEC-CUBEを創造する新しいネットワーキングイベント ~
  3. 2018.12.03株式会社ロックオン、最新版の不具合・機能修正を実施し、より安定した「EC-CUBE 4.0.1」をリリース。EC-CUBE 4公開から1ヵ月半でプラグイン、ドキュメント、提案用ツールなど周辺環境も充実  ~ あわせてEC-CUBE 今後のロードマップ・各バージョンのメンテナンス方針も公開 ~
  4. 2018.11.30株式会社ロックオン、ECにおけるモバイルユーザー体験の向上を目指し「AMPプラグイン」のβ版をリリース。あわせて、EC業界全体への貢献を目的として技術情報も公開。
  5. 2018.11.22株式会社ロックオン、「EC-CUBE 4」用の「Adobe XD」テンプレートファイルを提供開始。案件提案時の仕様書やプロトタイプ作成、デザイン、コーディングまで幅広く活用可能。

Archive