株式会社ロックオン、『カスタマージャーニー分析』の導入事例をMarkeZineで公開。~コンテンツ閲覧により他広告からの流入を促進。カスタマージャーニー分析で記事広告の効果が明らかに~

株式会社ロックオン(本社:大阪府大阪市北区 代表取締役社長:岩田 進)は、マーケティングプラットフォーム「アドエビス」の機能で、ユーザーの行動履歴(カスタマージャーニー)を可視化し評価する「カスタマージャーニー分析」の導入実績として、青汁や各種サプリメントを扱う株式会社世田谷自然食品様(以下、世田谷自然食品様)の導入・活用事例を2016年9月14日、マーケター向け専門メディア「MarkeZine」で公開いたしました。

「カスタマージャーニー分析」の導入より、これまで“施策”軸のコンテンツ単体でしか評価できなかった点から、“人”軸である「コンテンツを経由したユーザー」のプロファイルやジャーニー単位での評価が可能になった点を、高く評価いただきました。

160915_ebis01

世田谷自然食品様導入事例はこちら:http://markezine.jp/article/detail/25029

導入の背景

世田谷自然食品様は、以前よりECサイトの分析サポートとしてアドエビスを導入されており、「将来の顧客を新しく発掘し、アプローチ」することを目的として、総合情報サイト「All About(オールアバウト)」に記事広告を出稿されています。そこで、「コンテンツマーケティングを通したオーディエンス分析」を提案させていただき、この度、「カスタマージャーニー分析」機能を新たに追加導入されました。

導入後の成果

カスタマージャーニー分析を行ったところ、以下のような効果が明らかになりました。

記事から離脱したユーザーLPに遷移していた割合が約40%も存在した。
160915_ebis02

②1人あたりの広告からの流入数が、記事を閲覧した人の方が約1.5倍高かった。
160915_ebis03

ユーザーが商品を認知し関心を持って「育成」されていく様子が推測できた。
160915_ebis04
これにより、記事広告がコンバージョンにどのように影響しているのか?また、ユーザーの態度変容に記事広告がどのように貢献しているのか?
3つの点から、「コンテンツ記事の評価を可視化」することができました。

「アドエビス」について

「アドエビス」は、広告効果測定システムを中心とした「測定」機能と、そこで蓄積されたマーケティングデータを「活用」する機能の2つの機能により、企業と消費者のコミュニケーションを最適化することを目的とした、株式会社ロックオンが開発・提供するマーケティングプラットフォームです。

本件に関するお問い合せ先

株式会社ロックオン 広報担当:梶原
問い合わせフォーム:https://www.lockon.co.jp/contact/
TEL:06-4795-7500

このカテゴリの新着記事

  1. 2019.04.10アドエビス、広告配信プラットフォームとの連携実績21社突破!プラットフォーム間の広告評価基準を統一できる「ポストバック機能」が順次拡大中。
  2. 2019.03.26マーケティングプラットフォーム「アドエビス」、最新版Safari搭載のITP2.1に対応。
  3. 2019.03.13マーケティングプラットフォーム「アドエビス」、広告効果測定市場で4年連続No.1! シェア44.2%で引き続き業界をけん引。
  4. 2019.03.05アドエビス、デジタルマーケティングを成功へ導く大規模メジャーアップデート「AD EBiS UPDATE 2019 Spring」を発表、4月より順次リリース。~3/13開催『AD EBiS Conference 2019』にて全容公開・参加申込受付中~
  5. 2019.02.04アドエビス、来店購入や電話注文といったオフラインで発生したコンバージョンを 加味した広告評価とアトリビューション分析が可能に。

Archive