株式会社ロックオン、ユーザーごとにマーケティング施策の接触履歴を確認できる「オーディエンスエビス」をリリース。~アドエビスに標準機能として搭載~

株式会社ロックオン(本社:大阪府大阪市北区 代表取締役社長:岩田 進)は、マーケティングプラットフォーム「アドエビス」の新サービスとして、各種マーケティング施策の接触履歴をヒト軸で確認し評価できる「オーディエンスエビス(ユーザープロファイル機能)」を2016年2月29日にリリースいたしました。本機能はアドエビスに標準機能として搭載します。

「オーディエンスエビス」の詳細・お問い合わせはこちら

160229_ebis

本機能は、アドエビスで計測したデジタルマーケティングの顧客接点を「サービスを横断して」「人(オーディエンス)毎に」把握することができるため、ユーザー個別の接触履歴を可視化・分析できるなど、ヒト軸でのマーケティング評価を行うことができます。これまで各種マーケティング施策の評価サービスを提供してきたアドエビスだからこそ実現できた、革新的なサービスです。
今後、ヒト軸データをベースに様々な外部サービスとも連携し、より便利なマーケティングプラットフォームを提供していく予定です。

リリースの背景

近年、デジタルマーケティングは、購入意欲の高い「顕在顧客」層向けから、オウンドメディア等を活用した購入意欲の低い「潜在顧客」層向けへとシフトしています。潜在顧客層向けマーケティングでは、成果に至るまでの時間が長期化し、複数のマーケティング施策を経由することから、従来の施策単位の評価では十分とは言えません。
この課題を解決するため、これまでアドエビスが提供してきた施策軸の評価だけではなく、各種マーケティング施策の接触履歴を「ヒト(オーディエンス)軸」で確認し評価できる「オーディエンスエビス」をリリースする運びとなりました。

サービスの概要

「オーディエンスエビス」は、広告表示、クリック、オーガニックサーチ、ランディングページ、サイト内動線、コンテンツマーケティングなどで計測したデジタルマーケティングの顧客接点を「サービスを横断して」「人(オーディエンス)毎に」把握することができるため、ユーザー個別の接触履歴を可視化・分析できるなど、ヒト軸でのマーケティング評価を行うことができます。

160229_ebis2 また、「オーディエンスエビス」内には先日先行モニター募集を開始した、ユーザーの行動を可視化してマーケティング施策の成果を簡単に評価できる「カスタマージャーニー分析機能」も搭載予定です。

好評につき、「カスタマージャーニー分析機能」のモニター企業を10社追加で募集しております。
3月31日締切となります、お早めにお申し込みください。

「カスタマージャーニー分析機能」の詳細・お問い合わせはこちら

「アドエビス」について

「アドエビス」は、広告効果測定システムを中心とした「測定」機能と、そこで蓄積されたマーケティングデータを「活用」する機能の2つの機能により、企業と消費者のコミュニケーションを最適化することを目的とした、株式会社ロックオンが開発・提供するマーケティングプラットフォームです。

関連サイトURL

本件に関するお問い合せ先

株式会社ロックオン 広報担当:梶原
問い合わせフォーム:https://www.lockon.co.jp/contact/
TEL:06-4795-7500

このカテゴリの新着記事

  1. 2019.04.10アドエビス、広告配信プラットフォームとの連携実績21社突破!プラットフォーム間の広告評価基準を統一できる「ポストバック機能」が順次拡大中。
  2. 2019.03.26マーケティングプラットフォーム「アドエビス」、最新版Safari搭載のITP2.1に対応。
  3. 2019.03.13マーケティングプラットフォーム「アドエビス」、広告効果測定市場で4年連続No.1! シェア44.2%で引き続き業界をけん引。
  4. 2019.03.05アドエビス、デジタルマーケティングを成功へ導く大規模メジャーアップデート「AD EBiS UPDATE 2019 Spring」を発表、4月より順次リリース。~3/13開催『AD EBiS Conference 2019』にて全容公開・参加申込受付中~
  5. 2019.02.04アドエビス、来店購入や電話注文といったオフラインで発生したコンバージョンを 加味した広告評価とアトリビューション分析が可能に。

Archive