株式会社ロックオン、株式会社PLAN-Bとログリー株式会社と協業し、「コンテンツマーケティングトライアルパッケージ」をリリース

株式会社ロックオン(本社:大阪府大阪市北区 代表取締役社長:岩田 進)は、株式会社PLAN-B(本社:大阪府大阪市西区 代表取締役:鳥居本 真徳、以下、PLAN-B)とログリー株式会社(本社:東京都渋谷区 代表取締役:吉永 浩和、以下、ログリー)と協業し、コンテンツマーケティングをトライアル価格で実施できる「コンテンツマーケティングトライアルパッケージ」をリリースすることを2015年7月1日に発表いたします。

「コンテンツマーケティングトライアルパッケージ」の詳細・お申込みはこちら
https://www.plan-b.co.jp/cm-trial_inquiry/

サービスの概要

「コンテンツマーケティングトライアルパッケージ」は、

①PLAN-Bのコンテンツ記事作成&ページ制作
②ログリーのネイティブアドネットワーク配信
③ロックオンのコンテンツ効果測定(コンテンツエビス)


3つのコンテンツマーケティングに欠かせないサービスをまとめて低価格にて実施する事ができる、パッケージプランです。本パッケージでは、容易にコンテンツマーケティングを始められるだけではなく、ネイティブアドによるコンテンツの拡散、その後のコンテンツの効果測定からPDCAを回しコンテンツの最適化まで、一気通貫でコンテンツマーケティング支援を受けていただくことが可能です。

本パッケージは、コンテンツマーケティングのやり方が分からない、新しい施策に投資しづらいなど、コンテンツマーケティングを始めるにあたりお悩みをお持ちの企業様向けに、トライアルプランとしてリリースいたしました。

サービス価格

ご提供価格 300,000円(税別)~
※本パッケージは10セット限定販売となります。
※各企業のサービス料金を合算した目安の金額です。

「アドエビス」について

「アドエビス」は、広告効果測定システムを中心とした「測定」機能と、そこで蓄積されたマーケティングデータを「活用」する機能の2つの機能により、企業と消費者のコミュニケーションを最適化することを目的とした、株式会社ロックオンが開発・提供するマーケティングプラットフォームです。

関連サイトURL

マーケティングプラットフォーム「アドエビス」:https://www.ebis.ne.jp/

本件に関するお問い合わせ先

株式会社ロックオン 広報担当:梶原
問い合わせフォーム:https://www.lockon.co.jp/contact/
TEL:06-4795-7500
■株式会社PLAN-B概要
会社名:株式会社PLAN-B
大阪本社:〒550-0013 大阪府大阪市西区新町1-28-3 四ツ橋グランスクエア6F
東京本社:〒106-6033 東京都港区六本木1-6-1 泉ガーデンタワー33F
福岡オフィス:〒810-0801 福岡県福岡市博多区中洲5-3-8 アクア博多5F
沖縄オフィス:〒900-0015 沖縄県那覇市久茂地3丁目22-1 日高ビル2F
代表者:鳥居本 真徳(とりいもと まさのり)
設立:2003年10月22日
事業内容:
自社開発DMPを中心に、SEOに強みを持ったコンテンツマーケティング事業を展開。サイト制作や、SEMなどのデジタルマーケティングをワンストップで提供出来る体制も持っている。

URL:http://www.plan-b.co.jp/

■ログリー株式会社概要
会社名:ログリー株式会社
本社:〒150-0043 東京都渋谷区道玄坂1-19-11 道玄坂セピアビル 4F
代表者:吉永 浩和(よしなが ひろかず)
設立:2006年5月
事業内容:ログから新しい価値を生み出すことをテーマとし、インターネットを活用したサービスの提供を行なう。
・ネイティブ広告プラットフォーム「logly lift」

URL:http://corp.logly.co.jp/

このカテゴリの新着記事

  1. 2018.09.20アドエビス、LogicadとRed・FreakOut DSPの広告コスト自動取得を開始
  2. 2018.09.04アドエビス、電話効果測定ツール「CallTracker」と連携開始。 Web広告経由の電話コンバージョン計測が可能に。
  3. 2018.08.09アドエビス、人工知能搭載「クロスデバイス機能」を提供開始。特許出願中の独自技術で、先行導入企業ではSNS経由の獲得数が最大150%増加
  4. 2018.07.24アドエビス、クラウドストレージサービスとの連携を強化。データストレージへのシームレスな統合でデータ活用を促進。
  5. 2018.06.28アドエビス、CDP「TREASURE CDP」と連携開始。 マーケティングデータと様々なビッグデータのシームレスな統合と分析が可能に。

Archive