株式会社ロックオン、アドエビスのプライベートDMPのデータダッシュボードとして連想型高速インメモリBIツール「QlikView」を採用

株式会社ロックオン(本社:大阪市北区 代表取締役社長:岩田進)は、広告効果測定システム「アドエビス」のプライベートDMP(Data Management Platform)のデータダッシュボードとして、株式会社アシスト(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:大塚 辰男、略記:アシスト)が取り扱う連想型高速インメモリBIツール「QlikView」(開発元・販売元:QlikTech社)を採用したことを2014年2月27日に発表します。

本プレスリリースの詳細

昨今、ユーザの行動や検索の履歴、及び属性情報等を収集し、それらのデータを組み合わせることによって、従来の一方的な広告配信ではなく、ユーザ層に対し、より有益なアプローチを目指した情報提供や、そのニーズに合致したコンテンツを表示させることが可能となりました。
そのためには広告費用対効果の最適化は当然のこと、膨大なデータから、ユーザがサービスを知り、ファンになっていくまでのプロセスを把握することが重要となり、オフラインデータを含め、統合的に分析管理するためのダッシュボードが必要不可欠となります。

今回の新しいサービスでは「アドエビス」に蓄積されたWEBデータおよび、TV・新聞・ラジオなどのマス広告データ、POSなどのオフラインデータ、CRMの会員データなどの様々なデータをQlikView上に統合することで、すべてのデータを関連づけて分析することが可能となりました。顧客はQlikViewに表示されたデータを見ながら、気になる傾向をドリルダウンしたり、仮説の検証を繰り返すことで、より効果の高い広告施策をプランニングすることが可能になります。

これにより、以下のことが実現可能となります。

・広告の費用対効果は当然のこと、ユーザのニーズや目的によってクラスタリングが可能。
・オンライン、オフラインを含め、DMPに蓄積されたデータをシームレスに分析することが可能。
・利用者自らが、必要な指標やグラフ形式を取捨選択でき、Myダッシュボードの作成が可能。
・IMPを含む、月間数十億件に及ぶデータが対象であっても高速な分析レスポンスを確保。
・施策改善による、広告費用対効果や販売数の動的なシミュレーションが可能。
・同じデータを共有・認識とすることで、企業内部門間を超えたコミュニケーションが可能。


「アドエビスのプライベートDMP」について

広告効果測定システム「アドエビス」は、インターネット広告はもちろんのこと、検索エンジンからの自然検索や、SNSからの流入までも計測し、企業と消費者のコミュニケーションを最適化するマーケティング支援ツールです。
「アドエビスのプライベートDMP」では、「アドエビス」の特徴の一つでもあるAPIによる拡張性を活かし、基幹システムやオフラインデータ、CRMなどを結合させながら、個別に最適化された独自のプライベートDMPを構築するサービスを提供しています。

QlikTech社と「QlikView」について

QlikTech(NASDAQ証券コード:QLIK)が提供する強力かつ便利なユーザ主導型情報分析プラットフォーム「QlikView」は、組織におけるすべての人の意思決定を迅速かつシンプルにします。
QlikViewは、QlikTechが独自開発した特許取得済みの「連想技術」を用いてインメモリの能力を最大限活用するソフトウェアです。
実際に使うユーザ自身の直観的な思考によって企業に蓄積されている膨大なデータを検索し、それに応じてリアルタイムに計算する技術で企業に大きな生産性向上をもたらします。
開発/導入に数ヶ月、数年を要していた従来のBI製品とは異なり、QlikViewはわずか数日、数週間でビジネス上の価値を実感することができます。また、個人ユーザからグローバル企業まで、ノート・パソコンでもモバイル・デバイスでも、あるいはオンプレミスでもクラウド・コンピューティングでも利用することができます。QlikTechは、米国ペンシルバニア州ラドナーを本拠地とし、世界100ヵ国以上で、30,000社を超える顧客企業に製品とサービスを展開しています(2013年11月現在)。
詳細は、http://www.qlikview.co.jp を参照ください。

株式会社アシストについて

アシストは、特定のハードウェア・メーカーやソフトウェア・ベンダーに偏らない、幅広いパッケージ・ソフトウェアを取り扱う会社です。
「パッケージ・インテグレーター」として複数のソフトウェアと支援サービスにアシストのノウハウを組み合わせ、企業の情報システムを情報活用、運用、データベースのそれぞれの分野で支援しています。
今年も、“「お客様の最高」のために”というスローガンのもと、この3分野にさらに注力し、顧客企業の立場に立った製品選定と独自の組み合わせによる製品/サービスの提供を一層強化し、活動していきます。

関連サイトURL

本件に関するお問い合せ先

株式会社ロックオン 担当:梶原
E-mail:support@ebis.ne.jp
TEL:06-4795-7500

株式会社アシスト 広報部 担当:田口
TEL:03-5276-5850
FAX:03-5276-5895
E-mail:press@ashisuto.co.jp

「QlikView」に関するお問い合わせ

株式会社アシスト 情報基盤事業部 情報活用製品統括部 担当:浅村
TEL:03-5276-3653
FAX:03-5276-5876
E-mail:qlikview@ashisuto.co.jp
詳細URL:http://www.ashisuto.co.jp/prod/qlikview/
■株式会社アシスト概要
会社名:株式会社アシスト
本社:東京都千代田区九段北4-2-1
代表者:代表取締役会長:ビル・トッテン
代表取締役社長:大塚 辰男
設立:1972年3月
事業内容:パッケージ・ソフトウェア製品の提供
ソフトウェア活用支援サービス

URL:http://www.ashisuto.co.jp/

このカテゴリの新着記事

  1. 2019.03.13マーケティングプラットフォーム「アドエビス」、広告効果測定市場で4年連続No.1! シェア44.2%で引き続き業界をけん引。
  2. 2019.03.05アドエビス、デジタルマーケティングを成功へ導く大規模メジャーアップデート「AD EBiS UPDATE 2019 Spring」を発表、4月より順次リリース。~3/13開催『AD EBiS Conference 2019』にて全容公開・参加申込受付中~
  3. 2019.02.04アドエビス、来店購入や電話注文といったオフラインで発生したコンバージョンを 加味した広告評価とアトリビューション分析が可能に。
  4. 2019.01.09アドエビス、BIツール導入におけるシステム構築支援サービスを開始。 ~データ連携とレポート画面の構築支援で、ツール導入時の課題を解消、迅速な経営判断をサポート~
  5. 2018.12.14アドエビス、広告配信プラットフォームに広告成果を返す「ポストバック機能」をリリース ~ ITPに対応した高精度の効果測定で広告配信プラットフォームを支援、5社で先行導入を開始 ~ 

Archive