株式会社ロックオン、アドエビスを拡張しプライベートDMP事業へ参入。第一弾として、株式会社スケールアウトと業務提携

株式会社ロックオン(本社:大阪市北区 代表取締役社長:岩田 進)は、アドエビスをプライベートDMPとして拡張し、DMP事業へ参入することを発表します。併せて、株式会社スケールアウト(本社:東京都江東区 代表取締役:山崎大輔、以下スケールアウト)と、2013年9月18日より業務提携することに合意したことを発表します。

本プレスリリースの詳細

近年、広告配信方法が従来の「枠への配信」から「人への配信」にシフトしつつあります。「人への配信」を実現するには顧客の行動や属性に関する情報を収集し、様々なデータを組み合わせた上で顧客の特性を把握していくことが課題となります。
弊社においてはアドエビス上に蓄積された計測データを「人への配信」へ活用したいというニーズの高まりを受け、アドエビスシリーズをプライベートDMPとして拡張しました。その第一弾としてスケールアウトのScaleOut Ad Platformと相互連携いたします。

今回実施する相互連携により、以下が実現可能になります。

・アドエビスの広告効果データ、行動データ、ユーザー属性などのデータを元に、ScaleOut Ad Platformで広告の入札・配信が可能となります。
・アドエビス利用ユーザーは、ScaleOutのタグ埋めをすること無く、アドエビス上に蓄積されたデータをScaleOut Ad Platform上へ展開することが可能となります。
・膨大なアドエビスの計測データをScaleOut Ad Platform上で活用することにより、個々の顧客に応じた最適な広告の配信を行うことで、広告成果の最大化を図ります。

「アドエビス」について

広告効果測定システム「アドエビス」は、インターネット広告はもちろんのこと、検索エンジンからの自然検索や、ソーシャルネットワークサービスからの流入までも計測し、企業と消費者のコミュニケーションの最適化を目的に、株式会社ロックオンが開発・提供するシステムです。
「広告効果測定」・「ランディングページの最適化」・「SEO分析」・「アクセス解析」の4つのサービスを提供しており、それぞれの課題に併せて導入する事が可能です。

「ScaleOut Ad Platform」について

DSP/DMP/タグマネージメント/アドサーバー/第三者配信(3PAS)等を統合プラットフォームとして代理店様へ提供しています。
単体サービスの組み合わせではクッキーシンク等技術的な手間やコストが必要となりますが、組み合わせてご利用頂く事でそれらを解決します。共通のデータプラットフォームとしてサービス横断的な分析も可能になるため、運用型広告を実施する代理店様のビジネスを強力にバックアップ致します。

なお、本サービスはアドエビスを契約されているお客様が蓄積された計測情報を広告配信に活用できるようにするものであり、DSP事業者に対してデータを販売するものではありません。

関連サイトURL

本件に関するお問い合せ先

株式会社ロックオン 担当:又座(またざ)
E-mail:support@ebis.ne.jp
TEL:06-4795-7500
■株式会社スケールアウト概要
会社名:株式会社スケールアウト
本社:〒135-0047 東京都江東区富岡一丁目14番3号
代表者:山崎 大輔
設立:2006年12月
事業内容:広告配信システムの提供
広告配信システムのOEM提供
オンライン広告分野における事業提携
アドテクおよびスケールアウトに関する技術支援
オンライン広告分野に関するビジネスコンサルティング

URL:http://www.scaleout.jp/

このカテゴリの新着記事

  1. 2019.02.04アドエビス、来店購入や電話注文といったオフラインで発生したコンバージョンを 加味した広告評価とアトリビューション分析が可能に。
  2. 2019.01.09アドエビス、BIツール導入におけるシステム構築支援サービスを開始。 ~データ連携とレポート画面の構築支援で、ツール導入時の課題を解消、迅速な経営判断をサポート~
  3. 2018.12.14アドエビス、広告配信プラットフォームに広告成果を返す「ポストバック機能」をリリース ~ ITPに対応した高精度の効果測定で広告配信プラットフォームを支援、5社で先行導入を開始 ~ 
  4. 2018.11.13アドエビス、「AD EBiS Partner Award 2018」を発表 ~アドエビスを活用したマーケティング支援実績優良パートナー6社、EBiStar取得上位6社が受賞~
  5. 2018.10.23アドエビス、新機能「コンテンツアトリビューション分析」をリリース。広告効果分析のノウハウをコンテンツ計測にも応用。

Archive