株式会社ロックオン、多言語対応版「EC-CUBE」に対応したペイジェントの多通貨カード決済プラグインを2013年9月にリリース

株式会社ロックオン(本社:大阪市北区 代表取締役社長:岩田 進)は、多言語対応版「EC-CUBE」に対応した、株式会社ディー・エヌ・エーの子会社である株式会社ペイジェント(本社:東京都渋谷区 代表取締役社長:上林 靖史、以下ペイジェント)の多通貨カード決済プラグインを2013年9月にリリースすることを本日発表いたします。
これにより、国内のEC事業主様は、多言語対応版「EC-CUBE」とペイジェントの多通貨カード決済プラグインを利用することで、追加開発をすること無く、多通貨カード決済機能を搭載した店舗開設が可能となります。

ペイジェントの多通貨カード決済プラグインについて

ペイジェントは、国内の決済代行業者としては初めて、国内クレジットカード会社が提供する多通貨カード決済サービスを2013年9月に導入予定で、本プラグインはそのサービス開始にあわせてリリースいたします。
ペイジェントの多通貨カード決済プラグインの特徴は、以下の通りです。

・国内のEC事業主様が海外の消費者に商品を販売する場合、円建て以外でカード決済を行うことはできませんが、本プラグイン利用により、外貨建てのカード決済が可能となり、海外の消費者に自国の通貨表記の値段を表示し、為替の変動を気にすることなくご利用いただけます。(※1)
・海外に現地法人を設立することなく、外貨建てのカード決済を導入できます。
・国内向け決済サービスと同水準の日本語サポートを提供する他、売上代金はペイジェント経由の円建てで一括入金されるなど、両替・精算などの外貨取扱いにかかる業務負担を大幅に軽減できます。

多言語対応版「EC-CUBE」に対応した、ペイジェントの多通貨カード決済プラグインについて、いち早くご利用を希望される方は、以下よりお問い合わせ下さい。

【ペイジェントの多通貨カード決済プラグイン利用窓口】
株式会社ペイジェント 営業推進部宛 電話番号:03-5304-1806

※1:リリース当初は、米ドルやユーロをはじめ、人民元、韓国ウォン、台湾ドル、香港ドル、シンガポールドル、英ポンドの8通貨に対応し、将来的には約20種類の通貨に対応予定です。

ECオープンプラットフォーム「EC-CUBE」について

「EC-CUBE」は、株式会社ロックオンが開発したECサイト構築パッケージをオープンソースとして2006年9月に公開したもので、現在、日本No.1 EC構築オープンソースとして認定されており(※2)、推定20,000店舗以上で実際に稼働しています(当社調べ)。
また2012年5月にブランドを刷新し、ECサイトのカート部分に限定されない、自由で柔軟なEコマースを実現するため、プラグイン機能を実装した「EC-CUBE2.12」及び、プラグイン等を配布するためのオーナーズストアを提供しています。

※2:独立行政法人情報処理推進機構「第3回オープンソースソフトウェア活用ビジネス実態調査」による

「EC-CUBE」関連サイトURL

本件に関する報道関係者からのお問い合わせ先

株式会社ロックオン 広報担当:又座(またざ)、村上
お問い合わせフォーム:https://www.ec-cube.net/contact/
TEL :06-4795-7500

このカテゴリの新着記事

  1. 2018.12.20EC-CUBEと越境EC自動出品サービス「LISUTO!」がパートナーシップ契約を締結。AIが日本語の商品情報を自動最適化。手間なく世界中のECモールへ販路拡大が可能に
  2. 2018.12.19新しいEC-CUBEコミュニティを体感できるパートナー向けイベント「EC-CUBEパートナー新年会2019」を2019年1月24日(木)、東京 銀座で開催~ We are Community ! これからのEC-CUBEを創造する新しいネットワーキングイベント ~
  3. 2018.12.03株式会社ロックオン、最新版の不具合・機能修正を実施し、より安定した「EC-CUBE 4.0.1」をリリース。EC-CUBE 4公開から1ヵ月半でプラグイン、ドキュメント、提案用ツールなど周辺環境も充実  ~ あわせてEC-CUBE 今後のロードマップ・各バージョンのメンテナンス方針も公開 ~
  4. 2018.11.30株式会社ロックオン、ECにおけるモバイルユーザー体験の向上を目指し「AMPプラグイン」のβ版をリリース。あわせて、EC業界全体への貢献を目的として技術情報も公開。
  5. 2018.11.22株式会社ロックオン、「EC-CUBE 4」用の「Adobe XD」テンプレートファイルを提供開始。案件提案時の仕様書やプロトタイプ作成、デザイン、コーディングまで幅広く活用可能。

Archive