第3世代リスティングマネージメントサービス『THREe(スリー)』と広告効果測定システム『AD EBiS(アドエビス)』の連携機能を搭載。アトリビューションを加味したリスティング広告自動入札が可能に。

株式会社ロックオン(本社:大阪市北区 代表取締役社長:岩田 進)は、2013年9月1日、第3世代リスティングマネージメントサービス『THREe(スリー)』(以下、『THREe』)と広告効果測定システム「AD EBiS(アドエビス)」(以下アドエビス)の連携機能を搭載することを2013年8月19日に発表します。
この機能により、複数媒体を横断したユーザーの効果測定データに基にした、アトリビューションを加味したリスティング広告の自動入札が可能になります。

リリースの詳細

株式会社ロックオンでは、2009年より第3世代リスティングマネージメントサービス『THREe(※1)』の開発販売を開始しており、2011年のシード・プランニング社の市場調査で1200社の導入、市場シェアNo.1の自動入札ツールと認定されています。
これまでは、入札調整のためのデータはGoogle AdWordsやYahoo!プロモーション広告の計測値に限定されており、純広告やDSP出稿などの外部要因によるリスティング広告の成果変動を考慮することができませんでした。そのため、外部要因により成果が上がったキーワードを誤って過大評価してしまったり、他の媒体をアシストしているキーワードを誤って過小評価してしまうといったことが起こる可能性がありました。

これに対して、今回のバージョンアップにより、ルールベースにおけるアクション条件設定の項目の中で、「間接効果」「初回広告」を設定することができるようになります。

例えば、

・CVは少ないが、間接効果が多いキーワードの入札価格を上げる。
・CVと間接効果ともにまったく発生のないキーワードを停止する。

といった評価とそれによる自動入札が可能となります。(※2)

(※1)旧リスティング広告自動入札ツール「アドエビスAutoBid」
(※2)本機能は、THREeの料金とは別にアドエビスのご利用料金が発生致します。

今後の展開

今後は、コンバージョンまでの滞在時間や、接触回数、またこれらを掛け合わせた複合的な指標を用いた自動化機能の提供を予定しております。

関連サイトURL

本件に関するお問い合せ先

株式会社ロックオン 広報担当:又座(またざ)
E-mail :support@three.ne.jp
TEL :06-4795-7500

このカテゴリの新着記事

  1. 2017.03.16国産リスティング広告運用プラットフォーム「THREe(スリー)」、コールトラッキング(電話着信による広告効果測定)のアドゲイナーと機能連携
  2. 2017.01.31株式会社ロックオン、国産リスティング広告運用プラットフォーム「THREe(スリー)」の利用アカウント実績、5,000件を突破
  3. 2016.08.17株式会社ロックオン、「THREe」の新機能リリース!各媒体の入稿審査状況をメールで通知し、リスティング広告の掲載漏れを防ぐ「媒体審査アラート機能」を標準搭載
  4. 2016.03.01株式会社ロックオン、「THREe」のメイン機能、人工知能によるリスティング広告自動入札システム「ヒト型ポートフォリオ」を大幅刷新。少予算アカウントに特化したリスティング運用が可能に。
  5. 2014.06.04株式会社ロックオン、国産リスティング広告運用プラットフォーム「THREe」と、「アドエビス」の連携を強化。売上まで加味した間接効果の評価など、さらに先進的な自動入札を可能に

Archive