アドエビスの「リスティング連携機能」をバージョンアップ!リスティング広告媒体からのデータ自動連携機能使用時でもデバイス別計測が可能に

株式会社ロックオン(本社:大阪市北区 代表取締役社長:岩田進)は、2013年8月26日(月)、当社が提供するアドエビスの特徴でもある「リスティング連携機能」をバージョンアップし、リスティング広告媒体からのデータ自動連携機能使用時でもデバイス別計測が可能になることを発表します。

アドエビスはGoogle・Yahoo!の二大リスティング広告媒体との連携をワンクリックで行うことができる国内唯一の広告効果測定プラットフォームでしたが、今回のバージョンアップによってGoogle AdWordsエンハンストキャンペーン・Yahoo!プロモーション広告ユニファイドキャンペーンへの対応も完了したことより、媒体を横断したデバイス別のリスティング広告の効果測定までも簡単に行うことができるようになりました。

本プレスリリースの詳細

「リスティング連携機能」は2012年7月にリリースして以降、最も利用されている無料のオプション機能です。Google・Yahoo!の両媒体とAPI通信を行い、入稿用URLの差し替え作業、媒体の表示回数・広告コスト情報の同期を自動化することできるため、媒体を跨いだリスティング広告の効果測定を手間なく行えます。これは日本国内の広告効果測定プラットフォームとしてはアドエビスだけが提供している機能です。

今回の「リスティング連携機能」のバージョンアップで、Google AdWordsエンハンストキャンペーン・Yahoo!プロモーション広告ユニファイドキャンペーン(※)への対応が完了しました。これまでの機能に加えてデバイス判別用パラメータを自動で付与することでデバイス毎にランディングページを振り分けたり、デバイス別にリスティング広告の評価に必要なCPA、ROASなどの重要指標を自動集計したりといったことが可能となり、ディスプレイ広告、アフィリエイトなどの複数媒体を含めたデバイス毎の費用対効果の一元管理を実現しました。

今後もアドエビスは簡単に詳細な分析を行う機能を提供することで、ユーザーの皆様の広告効果の最大化をお手伝いしてまいります。
バージョンアップの詳細については別途資料もご用意しておりますので、アドエビス公式サイトの資料請求フォームよりお問い合わせください。

※…単一のキャンペーンで全てのデバイス(PC/タブレット/スマートフォン/フィーチャーフォン)へ配信を行います。



リスティング連携機能ページはこちら:https://www.ebis.ne.jp/function/listing.html#enhanced_detail

関連サイトURL

本件に関するお問い合せ先

株式会社ロックオン 担当:又座(またざ)
E-mail:support@ebis.ne.jp
TEL:06-4795-7500

このカテゴリの新着記事

  1. 2019.03.13マーケティングプラットフォーム「アドエビス」、広告効果測定市場で4年連続No.1! シェア44.2%で引き続き業界をけん引。
  2. 2019.03.05アドエビス、デジタルマーケティングを成功へ導く大規模メジャーアップデート「AD EBiS UPDATE 2019 Spring」を発表、4月より順次リリース。~3/13開催『AD EBiS Conference 2019』にて全容公開・参加申込受付中~
  3. 2019.02.04アドエビス、来店購入や電話注文といったオフラインで発生したコンバージョンを 加味した広告評価とアトリビューション分析が可能に。
  4. 2019.01.09アドエビス、BIツール導入におけるシステム構築支援サービスを開始。 ~データ連携とレポート画面の構築支援で、ツール導入時の課題を解消、迅速な経営判断をサポート~
  5. 2018.12.14アドエビス、広告配信プラットフォームに広告成果を返す「ポストバック機能」をリリース ~ ITPに対応した高精度の効果測定で広告配信プラットフォームを支援、5社で先行導入を開始 ~ 

Archive