株式会社ロックオン×HAL大阪 5ヶ月間の「EC-CUBE」産学連携プロジェクトの成果を「EC-CUBEオーナーズストア」でリリース

日本No.1 ECオープンソース(※1)「EC-CUBE」開発元である株式会社ロックオン(所在地:大阪市北区、代表取締役社長:岩田 進)とIT・デジタルコンテンツ分野でプロを育成する学校法人・専門学校 HAL大阪(所在地:大阪市北区、以下HAL大阪)は、2012年10月よりEC(電子商取引)の開発現場で即戦力となる人材を実践的に育成するために産学連携プロジェクトを取り組んできました。その成果として、「EC-CUBE」のユーザーに利用していただけるように、学生たちが開発したプラグイン2点を、2013年2月26日に「EC-CUBEオーナーズストア」でリリースしたことを発表いたします。

(※1)独立行政法人情報処理推進機構「第3回オープンソースソフトウェア活用ビジネス実態調査」による

産学連携プロジェクトの経緯

プロフェッショナルとして活躍する人材の育成を目的として、株式会社ロックオンとインテグレートパートナー(※2)である株式会社サイバーウィル(所在地:大阪市西区、代表取締役:山崎 豊、以下サイバーウィル)のもと、HAL大阪 高度情報処理学科の学生たちがECの企画から開発まで、5ヶ月間に渡り実践的に取り組んできました。
学生たちは、EC開発現場で求められるクライアント要望の吸い上げやプラグイン開発の技術、プロジェクトの進行等を通じ、実際の現場で必要となる提案力や実務スキルを身につけ、その成果として、学生たちが開発した2点のプラグインを「EC-CUBE」のユーザーが利用可能な「EC-CUBEオーナーズストア」に公開いたしました。
株式会社ロックオンでは、今後も日本のECを牽引する立場として、ECに関わる人材の育成にも積極的に貢献して参ります。

(※2)「EC-CUBEインテグレートパートナー」は「EC-CUBE」による開発を得意とする制作会社であり、「EC-CUBE」サイト構築実績、開発コミュニティへの貢献、「EC-CUBE」開発への貢献等の実績から、株式会社ロックオンがプラチナ・ゴールド・シルバー・ブロンズ・ノーマル・プレの6段階でランク認定を行っている

開発プラグインについて

本プロジェクトの成果として、学生たちが開発したプラグイン「レコメイド」と「送料モンタージュ」の2点を、「EC-CUBEオーナーズストア」で2013年2月26日に公開いたしました。「EC-CUBE」のユーザーは、無料にてダウンロードいただけます。

1)レコメイド
サイトの利用者とメイドの対話で、利用者の趣味嗜好などの情報を収集し、傾向を分析し、その利用者に合った商品の紹介を行います。用意されているメイドは3タイプあり、利用者は好みのメイドを選択することができます。
当プラグインを導入していただき、WEBサイトに配置していただくと「メイド呼び出しボタン」が現れます。サイトの利用者がサイトにログインしたあと、メイド呼び出しボタンに触れると、フローティングウィンドウ形式のメイドが現れます。利用者は提示されたボタンを選択していくだけなのでとても簡単です。

<レコメイド商品情報>
https://www.ec-cube.net/products/detail.php?product_id=479

2)送料モンタージュ
送料を意識させて、購入意欲を掻き立てるプラグインです。カート内の合計金額が送料無料金額に到達するまで、商品を組み合わせとして表示し、追加購入を促します。カート内の合計金額が送料無料金額に到達した後は、閲覧中の商品に関連付けられた商品を表示し、購入を促します。表示する商品は管理画面で設定でき、優先的に表示したい商品を独自に設定することができます。

<送料モンタージュ商品情報>
https://www.ec-cube.net/products/detail.php?product_id=480

産学連携プロジェクトの概要

実施期間 2012年10月4日~2013年2月28日
参加学生 HAL大阪 高度情報処理学科4年生
内容 「EC-CUBE」のデータを用いた各種分析サービスプラグイン企画・開発
EC全般に関する知識の習得、「EC-CUBE」プラグイン開発方法の特別講義

「EC-CUBE」について

「EC-CUBE」は、株式会社ロックオンが開発したECサイト構築パッケージをオープンソースとして2006年9月に公開したもので、現在、日本No.1 EC構築オープンソースとして認定されており、推定20,000店舗以上で稼働しています(当社調べ)。 2012年5月には “ECオープンプラットフォームの「EC-CUBE」”としてブランドを刷新し、周辺サービスと容易に連携可能な「プラグイン機能」を搭載した最新版をリリースしました。
「EC-CUBE」は引き続き「EC-CUBE」の開発・普及に努める他、産学連携や各種セミナーを通じ、EC技術者の育成に貢献することで、よりEC市場全体を盛り上げて参ります。

本件に関するお問い合せ先

<学校法人・専門学校 HAL大阪>
管理部:辻本
TEL:06-6347-0001

<株式会社ロックオン>
広報担当:又座(またざ)
お問い合わせフォームはこちら
TEL:06-4795-7500
■HAL大阪概要
学校名:学校法人・専門学校 HAL大阪
所在地:〒530-0001 大阪府大阪市北区梅田3-3-1
TEL:06-6347-0001
業界直結の実践的な教育カリキュラムで即戦力となるプロを育成する、IT・デジタルコンテンツ分野の専門学校。独自の就職支援システムで希望者就職率100%を実現する。

URL:http://www.hal.jp/osaka/

このカテゴリの新着記事

  1. 2018.12.20EC-CUBEと越境EC自動出品サービス「LISUTO!」がパートナーシップ契約を締結。AIが日本語の商品情報を自動最適化。手間なく世界中のECモールへ販路拡大が可能に
  2. 2018.12.19新しいEC-CUBEコミュニティを体感できるパートナー向けイベント「EC-CUBEパートナー新年会2019」を2019年1月24日(木)、東京 銀座で開催~ We are Community ! これからのEC-CUBEを創造する新しいネットワーキングイベント ~
  3. 2018.12.03株式会社ロックオン、最新版の不具合・機能修正を実施し、より安定した「EC-CUBE 4.0.1」をリリース。EC-CUBE 4公開から1ヵ月半でプラグイン、ドキュメント、提案用ツールなど周辺環境も充実  ~ あわせてEC-CUBE 今後のロードマップ・各バージョンのメンテナンス方針も公開 ~
  4. 2018.11.30株式会社ロックオン、ECにおけるモバイルユーザー体験の向上を目指し「AMPプラグイン」のβ版をリリース。あわせて、EC業界全体への貢献を目的として技術情報も公開。
  5. 2018.11.22株式会社ロックオン、「EC-CUBE 4」用の「Adobe XD」テンプレートファイルを提供開始。案件提案時の仕様書やプロトタイプ作成、デザイン、コーディングまで幅広く活用可能。

Archive