アドエビスシリーズの新サービス『ViewThruエビス』を提供開始!「アドエビス」がビュースルーコンバージョンの計測に正式対応

株式会社ロックオン(本社:大阪市北区 代表取締役社長:岩田 進)は、国内No.1(※1)広告効果測定ツール アドエビスシリーズに、新サービス『ViewThruエビス』をリリースすることを発表いたします。

『ViewThruエビス』は、従来のクリックを起点とした計測に加えて、ディスプレイ広告などのインプレッションが、コンバージョンに対して、どのように寄与しているかを計測することができる機能です。本機能を活用することで、これまで明らかにすることが難しかったビュースルーを含むアトリビューション分析が可能となります。特徴的な点としては、「アドエビス」の機能を活用することで計測しますので、複数のDSP、リスティング広告、SEO、メールマガジンといった様々なWEBマーケティングを包括して、アトリビューション分析を行うことが可能となります。

先日、Yahoo! JAPANが第三者配信への対応を発表したことで、ビュースルーコンバージョンの計測が国内では一般化していくことが予想されます。『ViewThruエビス』を活用することで、弊社が培ったノウハウを活用しながら、一歩先にビュースルーコンバージョンの分析ノウハウを蓄積することが可能になるでしょう。

(※1)株式会社シード・プランニング「広告効果測定ツール市場調査」による

『ViewThruエビス』の詳細

ビュースルーを起点とするアトリビューション分析は、未だ確立の途上にあります。単純にデータを取得しても、分析から改善点を見出すといった活用には、一定のスキルが必要となるケースがほとんどです。データは活用されてこそ意味があります。そのため『ViewThruエビス』では、ビュースルーコンバージョンの計測機能に加えて、マーケティングメトリックス研究所によるレポートをパッケージングした形でご提供いたします。

本機能は、ロゼッタストーン・ジャパン株式会社や、ブログメディア「ギズモード・ジャパン」を運営する株式会社メディアジーンなど、これまで数多くの共同研究による成果を、正式サービスとしてリリースするものです。

『ViewThruエビス』の価格

「VIEWTHRUエビス」価格 300,000円(税抜)~/1回+「アドエビス」ご利用料金
※料金は計測可能媒体、計測時期・期間、レポーティングフォーマットなどを別途ご相談のうえ、お見積もりさせていただきます。アドエビスの他にビュー計測用のピクセリングタグを配信できるサービスのご利用が必要となります。

※分析レポート項目例
・フリークエンシー最適化分析
・view潜伏期間調査
・view間接効果(フロー分析)
・クリエイティブviewによる、態度変容(自然検索)
・viewコストを含めたTCPA分析 etc

※参考1:「Gizmodoの記事はどれだけ人の心を動かしているのか?を分析してみた!」(マーケティングメトリックス研究所)
※参考2:ビュースルー計測+アトリビューション分析でみえてきたこと ~ロゼッタストーンとマーケティングメトリックス研が共同実験(MarkeZine)

関連サイトURL

本件に関するお問い合せ先

株式会社ロックオン 担当:又座(またざ)
E-mail:support@ebis.ne.jp
TEL:06-4795-7500

このカテゴリの新着記事

  1. 2019.07.12アドエビス、マーケターと共に次世代のサービスづくりに取り組む“共創型”開発プロジェクトをスタート。製品化に向けたプロジェクト投票を開始。
  2. 2019.04.10アドエビス、広告配信プラットフォームとの連携実績21社突破!プラットフォーム間の広告評価基準を統一できる「ポストバック機能」が順次拡大中。
  3. 2019.03.26マーケティングプラットフォーム「アドエビス」、最新版Safari搭載のITP2.1に対応。
  4. 2019.03.13マーケティングプラットフォーム「アドエビス」、広告効果測定市場で4年連続No.1! シェア44.2%で引き続き業界をけん引。
  5. 2019.03.05アドエビス、デジタルマーケティングを成功へ導く大規模メジャーアップデート「AD EBiS UPDATE 2019 Spring」を発表、4月より順次リリース。~3/13開催『AD EBiS Conference 2019』にて全容公開・参加申込受付中~

Archive