株式会社ロックオン、リスティング自動入札システム『アドエビスAutoBid』にキーワード選定を学習し、提案から入稿までの業務を自動化可能にする機能をリリース。

株式会社ロックオン(本社:大阪市北区 代表取締役社長:岩田 進)は、リスティング広告自動最適化ツール「アドエビスAutoBid(オートビッド)」(以下、AutoBid)のキーワード生成機能に、担当者の運用を学習し、追加に最適なキーワードを定期的に提案する機能を搭載致しました。

リリースの背景

リスティング広告の管理・運用は、近年ますます高度化・専門化しつつあるため、担当者の能力や経験への依存度が高い、属人的な運用となりがちです。企業にとっては、こうした属人性の排除は重要な課題ですが、中でも継続的なキーワードの作成・選定は、リスティング運用の根幹をなす業務の一部でありながら、個人の能力に依存する度合いが高い業務です。
こうした問題を解決するため今回、運用担当者のキーワード選定を学習し、学習した内容をもとに、さらに追加キーワードの提案を定期的にツールが行う機能を追加致しました。これにより、運用者の業務負荷を軽減するとともに、ナレッジをツールに蓄積し、個人への依存を減らすことが可能になります。

バージョンアップ機能の説明

1.キーワード自動提案機能
成果の良いキーワードを軸とし、入稿を推奨するキーワードをツールが自動でご提案します。
2.添削・入稿機能
提案されたキーワード一覧を確認し、そのまま添削・入稿頂けます。
3.キーワード選定学習機能
管理者が過去に添削したキーワードを学習し、次回のキーワード提案に自動反映します。

一連の流れにより、担当者に依存せず継続的にキーワードを改善し続けることが可能となります。
なお、本機能は既存のAutoBid機能として、通常料金でご利用頂くことが可能です。

関連サイトURL

本件に関するお問い合せ先

株式会社ロックオン 担当:一木(いっき)
E-mail:support@ebis.ne.jp
TEL:03-3289-5051

このカテゴリの新着記事

  1. 2017.03.16国産リスティング広告運用プラットフォーム「THREe(スリー)」、コールトラッキング(電話着信による広告効果測定)のアドゲイナーと機能連携
  2. 2017.01.31株式会社ロックオン、国産リスティング広告運用プラットフォーム「THREe(スリー)」の利用アカウント実績、5,000件を突破
  3. 2016.08.17株式会社ロックオン、「THREe」の新機能リリース!各媒体の入稿審査状況をメールで通知し、リスティング広告の掲載漏れを防ぐ「媒体審査アラート機能」を標準搭載
  4. 2016.03.01株式会社ロックオン、「THREe」のメイン機能、人工知能によるリスティング広告自動入札システム「ヒト型ポートフォリオ」を大幅刷新。少予算アカウントに特化したリスティング運用が可能に。
  5. 2014.06.04株式会社ロックオン、国産リスティング広告運用プラットフォーム「THREe」と、「アドエビス」の連携を強化。売上まで加味した間接効果の評価など、さらに先進的な自動入札を可能に

Archive