広告効果測定システム「AD EBiS(アドエビス)」をバージョンアップ。ブランディングサイトのLPOを可能とし、広告登録上限も150万件に拡大

株式会社ロックオン(本社:大阪府大阪市 代表取締役社長:岩田進)は、提供する広告効果測定システム「AD EBiS(アドエビス)」(以下、アドエビス)のオプションサービス「LPOエビス」をバージョンアップしました。
これにより、コンバージョンの多いECサイトだけでなく、ブランディングサイトにおいても、ランディングページを適切に評価する事を可能とし、併せて広告登録上限も150万件に拡大しましたので、上限を気にすることなく「LPOエビス」をご利用頂くことができるようになりました。

「LPOエビス」バージョンアップの背景

インターネット広告からリンクする最初のページ(ランディングページ)を最適化する取り組みは、LPO(ランディング・ページ・オプティマイゼーション)と呼ばれ、主にコンバージョン数の多いECサイトにおいて、その効果を発揮してきました。
しかしながら、明確なコンバージョンが存在しないブランディングサイトや、コンバージョン数の少ないBtoBサイトでは、ランディングページを最適化する事が難しい状況にありました。

「LPOエビス」バージョンアップの詳細

「LPOエビス」では、従来の指標であったCV/CPAに加え、新たに直帰率/滞在時間などのサイト内指標を追加しました。
これにより、今までLPOを行う事が難しかったブランディングサイトやコンバージョン数の少ないBtoBサイトにおいても、直帰率/滞在時間などのサイト内指標を活用し、ランディングページを適切に評価する事を可能としました。
また、今回のバージョンアップにて、広告登録上限を最大150万件に拡大し、上限を気にすることなく「LPOエビス」をご活用いただくことができるようになりました。
※直帰率/滞在時間の計測には、アクセス解析オプションサービス「LOGエビス」が必要

関連サイトURL

このカテゴリの新着記事

  1. 2019.02.04アドエビス、来店購入や電話注文といったオフラインで発生したコンバージョンを 加味した広告評価とアトリビューション分析が可能に。
  2. 2019.01.09アドエビス、BIツール導入におけるシステム構築支援サービスを開始。 ~データ連携とレポート画面の構築支援で、ツール導入時の課題を解消、迅速な経営判断をサポート~
  3. 2018.12.14アドエビス、広告配信プラットフォームに広告成果を返す「ポストバック機能」をリリース ~ ITPに対応した高精度の効果測定で広告配信プラットフォームを支援、5社で先行導入を開始 ~ 
  4. 2018.11.13アドエビス、「AD EBiS Partner Award 2018」を発表 ~アドエビスを活用したマーケティング支援実績優良パートナー6社、EBiStar取得上位6社が受賞~
  5. 2018.10.23アドエビス、新機能「コンテンツアトリビューション分析」をリリース。広告効果分析のノウハウをコンテンツ計測にも応用。

Archive