広告効果測定「アドエビス」をバージョンアップ!アプリ(スマートフォン/タブレット)の広告効果測定へ領域を拡大

株式会社ロックオン(本社:大阪府北区、代表取締役社長:岩田 進)は、広告効果測定システム「アドエビス」のバージョンアップを行い、従来の広告とWebサイト(スマートフォンサイトを含む)の効果測定に加え、アプリ(スマートフォン/タブレット)分野を含めた測定領域へと拡大しました。
これにより、広告、Webサイト、アプリと導線を跨いだコンバージョンの効果測定が可能になりました。

リリースの背景

スマートフォン端末の出荷台数は2010~2011年の2年間で10倍に伸び、2016年にはモバイル端末の利用者の半数以上がスマートフォンを契約すると見込まれます。
また、スマートフォンユーザーの95%がアプリを利用しており、アプリ提供企業は「新しい収益モデル」「ユーザーコミュニケーションツール」として積極的にアプリ開発に取り組んでいます。
この市場の大きな変化に伴い、広告効果測定ツールの測定領域はWebサイトにとどまらず、新たにアプリ(スマートフォン/タブレット)を加えた領域に拡大する必要性が増してきています。

リリースの詳細

今回のバージョンアップでは、「Webサイト」という従来の測定領域を超えて、スマートフォン・タブレットの「アプリ」を含めた領域の効果測定を可能にした点が最大の特徴です。
これにより、今後益々多様化する消費者行動に対応したマーケティング活動が可能となります。アドエビスの管理画面の使い方は従来と変わらず、以下のようなWebサイトとアプリを跨いだ効果測定を行う事ができます。

利用される効果測定パターン(下記の両パターン共にアドエビス上で計測可能)
◎Webサイト(スマートフォンサイトを含む)コンバージョンにおける効果測定例
・アプリ広告経由のWebサイトCV数、ROAS、販売金額の計測
・アプリ広告を含めた直接効果・間接効果測定
・アプリ広告を含めたCV数の日別・月別・曜日別・時間帯別集計
◎アプリコンバージョンにおける効果測定例
・ネット広告・アプリ広告経由のアプリダウンロード数、ROAS、有料アプリ販売金額の計測
・アプリダウンロードに至る直接効果・間接効果測定
・無料・有料アプリダウンロード別に、CV数の日別・月別・曜日別・時間帯別集計
・広告経由以外を含めたアプリストアからのアプリダウンロード数
※LOGエビス導入時
※アプリダウンロード数以外のCVも計測可能です。

関連サイトURL

このカテゴリの新着記事

  1. 2019.02.04アドエビス、来店購入や電話注文といったオフラインで発生したコンバージョンを 加味した広告評価とアトリビューション分析が可能に。
  2. 2019.01.09アドエビス、BIツール導入におけるシステム構築支援サービスを開始。 ~データ連携とレポート画面の構築支援で、ツール導入時の課題を解消、迅速な経営判断をサポート~
  3. 2018.12.14アドエビス、広告配信プラットフォームに広告成果を返す「ポストバック機能」をリリース ~ ITPに対応した高精度の効果測定で広告配信プラットフォームを支援、5社で先行導入を開始 ~ 
  4. 2018.11.13アドエビス、「AD EBiS Partner Award 2018」を発表 ~アドエビスを活用したマーケティング支援実績優良パートナー6社、EBiStar取得上位6社が受賞~
  5. 2018.10.23アドエビス、新機能「コンテンツアトリビューション分析」をリリース。広告効果分析のノウハウをコンテンツ計測にも応用。

Archive