広告効果測定「アドエビス」をバージョンアップ!スマートフォン・タブレットユーザーの分析が可能となりました。

株式会社ロックオン(本社:大阪府北区、代表取締役:岩田 進)は、広告効果測定システム「アドエビス」のバージョンアップを行い、PC、モバイルに続き、スマートフォン、タブレットユーザーの分析が可能にとなるバージョンアップを行いました。

リリースの背景

ここ数年、ユーザーが利用するデバイス環境は著しく変化しており、スマートフォン、タブレットなど新たなデバイスやOSが次々と登場しています。特にスマートフォンの利用者は急激な増加傾向にあり、2011年7月時点において携帯利用者全体の12%を越える規模にまで拡大しています。
アドエビスをご利用頂いている既存のお客様からも同様に、スマートフォン、タブレットのユーザー分析を希望する声を多く頂いており、この度のバージョンアップを行う運びとなりました。

リリースの詳細

今回のバージョンアップでは、デバイスやOS毎のアクセスデータ比率はもちろん、デバイス毎の検索ワードなど、詳細に分析を行っていただくための充実した機能を実装しています。

この機能を利用することで、「どのデバイスユーザーがサイト内でどのような動きを行い、コンバージョンに結びついているか」、「コンバージョンしているユーザーの詳細分析を行い、利用していたデバイスを調べる」など、深く詳細な分析が可能となりますので、今まで以上に具体的施策に落とし込み、改善の実行が可能となります。

関連サイトURL

このカテゴリの新着記事

  1. 2019.02.04アドエビス、来店購入や電話注文といったオフラインで発生したコンバージョンを 加味した広告評価とアトリビューション分析が可能に。
  2. 2019.01.09アドエビス、BIツール導入におけるシステム構築支援サービスを開始。 ~データ連携とレポート画面の構築支援で、ツール導入時の課題を解消、迅速な経営判断をサポート~
  3. 2018.12.14アドエビス、広告配信プラットフォームに広告成果を返す「ポストバック機能」をリリース ~ ITPに対応した高精度の効果測定で広告配信プラットフォームを支援、5社で先行導入を開始 ~ 
  4. 2018.11.13アドエビス、「AD EBiS Partner Award 2018」を発表 ~アドエビスを活用したマーケティング支援実績優良パートナー6社、EBiStar取得上位6社が受賞~
  5. 2018.10.23アドエビス、新機能「コンテンツアトリビューション分析」をリリース。広告効果分析のノウハウをコンテンツ計測にも応用。

Archive