『山ごもり休暇制度』を導入。毎年1度、9連休の取得を義務づけることで、心身のリフレッシュと、業務の共有化を促進

株式会社ロックオン(大阪市北区 代表取締役:岩田 進)は、全ての役職員を対象として、1年間に1度、必ず9日間の連続休暇を義務づける『山ごもり休暇制度』の導入を決定、2011年10月1日から運用を開始しました。
本制度は、単純に9連休の取得を義務づけるだけではなく、該当期間に電話連絡やメールでのコンタクトを禁止する点が大きな特徴であり、そのため名称を『山ごもり休暇』としました。
該当社員のリフレッシュを促進しながら、休暇中の連絡を絶つことで、事前の引き継ぎを徹底する必要が発生します。これにより、業務の共有と、属人性の排除を併せて行うことを目的としています。

『山ごもり休暇制度』の概要

当社では、これまで働きやすい就業環境の実現を目指し、従業員が生活状況に応じて柔軟に取得できる時間単位での有給休暇取得制度を導入するなど、仕事と生活の調和のとれた雇用環境づくりを目指してまいりました。さらに今回、新たに1年間に自由なタイミングで9日連続の休暇を必ず取得しなければならない『山ごもり休暇制度』を導入することで、まとまった長期の休暇取得と業務の共有化を促します。

『山ごもり休暇制度』の目的

本制度の目的は主に2点あります。

(1)普段の仕事による疲れを解消し、社員の心身のリフレッシュをはかること。
(2)休暇のために引き継ぎを発生させること。 引き継ぎにより、各人の業務内容を整理することができます。
また引き継がれた側からの視点によって、新たな改善点が浮かび上がることもあります。また、普段から業務が共有されていることで、柔軟な配置転換も可能となります。

このカテゴリの新着記事

  1. 2019.05.08株式会社ロックオン、「株式会社イルグルム」へ商号を変更
  2. 2019.02.12株式会社ロックオン、2019年版日本における「働きがいのある会社」ランキングで7年連続、8度目となるベストカンパニーを受賞
  3. 2018.12.18株式会社ロックオン、アドイノベーション株式会社が提供するスマートフォンアプリ分析ツール「AdStore Tracking」譲受のお知らせ
  4. 2018.10.01株式会社ロックオン、運用型広告レポート自動作成ツール「アドレポ」事業開始 ~アドエビスとの連携強化で広告代理店業務の効率化による働き方改革を推進~
  5. 2018.09.14新任執行役員就任のお知らせ

Archive