リスティング広告自動最適化ツール「アドエビスAutoBid」をバージョンアップ!Google AdWordsとYahoo!リスティングの両媒体統合管理機能を強化

株式会社ロックオン(大阪市北区 代表取締役:岩田 進)は、リスティング広告の自動最適化ツール『アドエビスAutoBid』(以下AutoBid)のバージョンアップを行い、Google AdWordsとYahoo!リスティング両媒体の運用を同一画面で統合して管理できる機能を強化しました。
これまで両媒体で、あるキーワードに対して同じ運用ルールを適応する際には、それぞれの管理画面で同じような操作を繰り返し行う必要がありましたが、AutoBidを利用すれば、今回のバージョンアップにより、こうした重複作業を同一画面で一度に行うことが可能になり、よりシームレスで効率的なリスティング運用を実現することが可能になります。

バージョンアップの詳細

今回のバージョンアップでは、両媒体を横断した検索から、一括して運用ルールを適応できるだけではなく、指定できる検索項目の拡張も行いました。「●●で」「●●から●●」など、合計20以上もの抽出条件をもとに、細やかな入札管理を行うことができます。
また、抽出条件を保存する機能も追加されました。これは、リスティング管理の日々の運用では「同じ抽出条件で検索する」ということを毎日頻繁に繰り返すため、このようなちょっとした作業の効率化でもメリットをもたらします。
株式会社ロックオンでは、AutoBidのこうした細やかな使い勝手も追求することで、テクノロジーとUIの両面から、リスティング運用者の作業負担軽減をサポートして参ります。

『アドエビスAutoBid』について

AutoBidは、Yahoo!リスティング、Google AdWords両方のリスティング広告をまとめて自動最適化するツールです。当月の予算に合わせて自動で最適化することはもちろん、広告文・キーワードの作成までを自動化いたします。
これにより、今まで専門的で難しく、属人的になっていたリスティング広告の運用業務を、簡単・正確に運用することが可能となりました。
また、従来のリスティング自動入札ツールでは、月額数百万円以上の広告費を投じている企業のみを対象として開発されていたため、最適化ロジックが正常に動作するためには、相当量の出稿が必要でしたが、AutoBidは、自社開発の広告最適化エンジン「Hit4」(※1)により、月額出稿費が、数万円から数千万円の広告主まで、等しく利用することができるようになりました。

(※1)Hit4(High-value Intelligence Technology Ver.4)は、株式会社ロックオンが、国内No.1広告効果測定ツール「アドエビス」や「マーケティングメトリックス研究所」を通じて培ったノウハウを元に開発した、広告最適化エンジンです。

関連サイト

このカテゴリの新着記事

  1. 2017.03.16国産リスティング広告運用プラットフォーム「THREe(スリー)」、コールトラッキング(電話着信による広告効果測定)のアドゲイナーと機能連携
  2. 2017.01.31株式会社ロックオン、国産リスティング広告運用プラットフォーム「THREe(スリー)」の利用アカウント実績、5,000件を突破
  3. 2016.08.17株式会社ロックオン、「THREe」の新機能リリース!各媒体の入稿審査状況をメールで通知し、リスティング広告の掲載漏れを防ぐ「媒体審査アラート機能」を標準搭載
  4. 2016.03.01株式会社ロックオン、「THREe」のメイン機能、人工知能によるリスティング広告自動入札システム「ヒト型ポートフォリオ」を大幅刷新。少予算アカウントに特化したリスティング運用が可能に。
  5. 2014.06.04株式会社ロックオン、国産リスティング広告運用プラットフォーム「THREe」と、「アドエビス」の連携を強化。売上まで加味した間接効果の評価など、さらに先進的な自動入札を可能に

Archive