広告効果測定「アドエビス」のAPIをバージョンアップ! 書込系機能も提供され、既存システムとの連携がさらに容易に

株式会社ロックオン(本社:大阪府大阪市、代表取締役社長:岩田 進)が提供するインターネット広告の効果測定サービス「アドエビス」は、提供するAPIの機能をバージョンアップしました。

バージョンアップの背景と概要

広告効果測定手法は、高度化の一途を辿っており、近年ではWebの効果測定だけではなく、Webから得られたデータと、他システムのデータを連携させて、トータルで評価する流れが急速に広まっています。
こうしたニーズの高まりをうけ、今回のAPIバージョンアップでは、これまで提供していた読込系APIから取得可能なデータを拡張したほか、書込系APIの提供も開始しました。

想定される利用シーン

「アドエビスAPI」には、以下のような活用方法が考えられます。

・ 不動産・金融・人材など、Webでは引き合いの獲得までを行うような来店型業種において、別システムに蓄積された来店後の顧客行動と、「アドエビス」のデータを結びつけて解析したい。
・ ECなど、単発のコンバージョンより、LTV(顧客生涯価値)が、重要指標となる業種において、基幹システムに蓄積された長期の販売データと、「アドエビス」のデータを連結して分析したい。
・アドエビスのデータを利用した毎週のレポート作成作業を、APIを利用したWindowsアプリケーションを作成して効率化したい。

その他、用途に応じて、多様な活用方法が可能となります。

アドエビスAPIの詳細

読込系提供データ アドエビス(LOG/SEO/LPOオプション含む)のほぼ全てのデータ
書込系提供機能 アドエビスの広告管理機能のほぼ全ての機能
提供形式 document/literal形式のSOAP1.1
レスポンス形式 XMLおよびHTTP
初期費用 無料
月額費用 データー容量にかかわらず30,000円/月(税別)

関連サイトURL

インターネット広告効果測定システム【アドエビス】

http://www.ebis.ne.jp/

このカテゴリの新着記事

  1. 2019.04.10アドエビス、広告配信プラットフォームとの連携実績21社突破!プラットフォーム間の広告評価基準を統一できる「ポストバック機能」が順次拡大中。
  2. 2019.03.26マーケティングプラットフォーム「アドエビス」、最新版Safari搭載のITP2.1に対応。
  3. 2019.03.13マーケティングプラットフォーム「アドエビス」、広告効果測定市場で4年連続No.1! シェア44.2%で引き続き業界をけん引。
  4. 2019.03.05アドエビス、デジタルマーケティングを成功へ導く大規模メジャーアップデート「AD EBiS UPDATE 2019 Spring」を発表、4月より順次リリース。~3/13開催『AD EBiS Conference 2019』にて全容公開・参加申込受付中~
  5. 2019.02.04アドエビス、来店購入や電話注文といったオフラインで発生したコンバージョンを 加味した広告評価とアトリビューション分析が可能に。

Archive