「EC-CUBE」2.4系から2.11系へのバージョンアップを容易にする「データ移行モジュール」を無償提供

株式会社ロックオン(所在地:大阪府大阪市 代表取締役社長:岩田進)は、株式会社サイバーウィル(所在地:大阪府大阪市 代表取締役社長:佐藤太一 以下サイバーウィル)の協力のもと、EC構築オープンソース「EC-CUBE」2.4系の顧客データ・商品データ・受注データを2.11系に移行するための「データ移行モジュール」を無償提供いたします。

リリースの詳細

「EC-CUBE」最新版のリリース以来、2.4系から最新版へのバージョンアップが難しいという声が利用者より多く寄せられため、インテグレートパートナー※であるサイバーウィルの協力のもと、

・ 2.4系の顧客データ・商品データ・受注データを、1クリックで、2.11系に対応したCSV形式に出力できる「データエクスポートモジュール」
・ 「データエクスポートモジュール」よりダウンロードしたデータを、2クリックで、2.11系に移行できる「データインポートモジュール」

をリリースいたしました。

これらのモジュールを利用することにより、2.4系の利用者は、スマートフォン対応・ダウンロード販売など、過去最大規模の機能拡張を行った2.11系に、スムーズにバージョンアップできるようになります。
※「EC-CUBE」による構築を得意とする制作会社(約100社)に対し、事業主が実績・予算・地域などから選べるよう紹介する一方、「EC-CUBE」に対し、事例登録やコミットなどの普及活動を促進していく相互支援プログラムです。

「EC-CUBE」について

日本No.1 ECオープンソース※「EC-CUBE」は、株式会社ロックオンが開発したECサイト構築パッケージを2006年9月にオープンソースとして公開したもので、現在推定15,000店舗以上で実際に稼働しています(当社調べ)。
「EC-CUBE」本体は無料でダウンロードでき、「EC-CUBE」のカスタマイズなどのサービスを提供する会社も増えていることから、サイト構築の基本コストを抑え、運用に注力したい店舗主層の注目を集めており、今後ますます普及が進むと予想されています。
※独立行政法人情報処理推進機構「第3 回オープンソースソフトウェア活用ビジネス実態調査」による

関連サイトURL

EC-CUBE オフィシャルサイト

http://www.ec-cube.net/

EC-CUBE 開発コミュニティ

https://xoops.ec-cube.net/

EC-CUBE マニュアルサイト

http://wiki.ec-cube.net/

このカテゴリの新着記事

  1. 2018.12.20EC-CUBEと越境EC自動出品サービス「LISUTO!」がパートナーシップ契約を締結。AIが日本語の商品情報を自動最適化。手間なく世界中のECモールへ販路拡大が可能に
  2. 2018.12.19新しいEC-CUBEコミュニティを体感できるパートナー向けイベント「EC-CUBEパートナー新年会2019」を2019年1月24日(木)、東京 銀座で開催~ We are Community ! これからのEC-CUBEを創造する新しいネットワーキングイベント ~
  3. 2018.12.03株式会社ロックオン、最新版の不具合・機能修正を実施し、より安定した「EC-CUBE 4.0.1」をリリース。EC-CUBE 4公開から1ヵ月半でプラグイン、ドキュメント、提案用ツールなど周辺環境も充実  ~ あわせてEC-CUBE 今後のロードマップ・各バージョンのメンテナンス方針も公開 ~
  4. 2018.11.30株式会社ロックオン、ECにおけるモバイルユーザー体験の向上を目指し「AMPプラグイン」のβ版をリリース。あわせて、EC業界全体への貢献を目的として技術情報も公開。
  5. 2018.11.22株式会社ロックオン、「EC-CUBE 4」用の「Adobe XD」テンプレートファイルを提供開始。案件提案時の仕様書やプロトタイプ作成、デザイン、コーディングまで幅広く活用可能。

Archive