広告効果測定サービス「アドエビス」に初回接触からコンバージョンに至るまでの『潜伏期間表示』を対応

株式会社ロックオン(本社:大阪府大阪市、代表取締役社長:岩田進)は、提供するインターネット広告効果測定サービス「アドエビス」のバージョンアップを行い、初回接触からコンバージョンに至るまでの潜伏期間表示を2010 年10 月12 日(火)に対応いたしました。

リリースの詳細

今回のバージョンアップによって、「アドエビス」の管理画面上にユーザーが初回接触 した広告から成果に至るまでの潜伏期間と初回接触の日付が表示されるようになりました。
これにより、すぐに効果が上がらない広告、つまり潜在的なニーズ層への訴求効果を潜 伏期間として目視することが可能となりました。
インターネット広告の中でも特にバナー広告などのディスプレイ広告は、認知広告とい われ、成果へすぐに結びつきにくい広告と言われています。
今回のバージョンアップにより、成果へ至るまでの時間を潜伏期間として表示すること で、これらの広告の評価が行いやすくなり、今までとは異なった、新たな広告選定のプラ ンニングを行うことが可能となります。

関連サイトURL

アドエビスオフィシャルサイト(製品サイト)

http://www.ebis.ne.jp/

このカテゴリの新着記事

  1. 2019.03.13マーケティングプラットフォーム「アドエビス」、広告効果測定市場で4年連続No.1! シェア44.2%で引き続き業界をけん引。
  2. 2019.03.05アドエビス、デジタルマーケティングを成功へ導く大規模メジャーアップデート「AD EBiS UPDATE 2019 Spring」を発表、4月より順次リリース。~3/13開催『AD EBiS Conference 2019』にて全容公開・参加申込受付中~
  3. 2019.02.04アドエビス、来店購入や電話注文といったオフラインで発生したコンバージョンを 加味した広告評価とアトリビューション分析が可能に。
  4. 2019.01.09アドエビス、BIツール導入におけるシステム構築支援サービスを開始。 ~データ連携とレポート画面の構築支援で、ツール導入時の課題を解消、迅速な経営判断をサポート~
  5. 2018.12.14アドエビス、広告配信プラットフォームに広告成果を返す「ポストバック機能」をリリース ~ ITPに対応した高精度の効果測定で広告配信プラットフォームを支援、5社で先行導入を開始 ~ 

Archive