リスティング自動入札「アドエビスAutoBid」をバージョンアップ~「曜日・時間帯別、入札額自動調整機能」をさらに強化~

株式会社ロックオン(本社:大阪府大阪市、代表取締役社長:岩田 進) は、リスティング自動入札ツール「アドエビスAutoBid」に、「曜日・時間帯別、入札額自動調整機能」をさらに強化したことを発表いたしました。
「曜日・時間帯別、入札額自動調整機能」では、「アドエビスAutoBid」上で任意の曜日や、時間帯毎に媒体へ出稿する入札額を、自動で変動させることができる機能となります。これまでも時間による出稿・一時停止・最低入札額指定は選択可能でしたが、今回のバージョンアップにより、更に柔軟な運用が可能となりました。

本バージョンアップによる効果

リスティング広告を出稿する際に、意図する曜日や時間帯によって、媒体へ出稿する入札額を調整し、運用を行うケースは非常によくあります。このような場合、通常の運用では希望するタイミングに、手作業によって入札額を調整する必要があり、リスティング広告運用の業務量を増大化させる要因の一つとなっていました。
この度のバージョンアップ機能、「曜日・時間帯別、入札額自動調整機能」の強化によって、希望する曜日において入札額の細かい調整を行いたいケースはもちろん、時間帯別での入札額を細かく自動で調整することも可能です。
これにより、確実に且つ、労力の投下なく運用を行うことができるようになりましたので、この機能を活用することで、リスティング運用を、今まで以上に、「素早く」「正確」「簡単」に行うことが可能となります。

バージョンアップの背景

リスティング広告は誕生からわずか数年で2,000 億円近い市場に成長し、その運用は、高度化の一途をたどっています。ところが、高度化に伴い、運用業務に多大な人手が必要となっており、運用コストも増加の一途です。
このような背景から、より低コストに高度なリスティング運用を行いたいというニーズが高まっており、「アドエビスAutoBid」のバージョンアップも、そうしたニーズから生まれたものとなります。

バージョンアップの詳細

「アドエビスAutoBid」の管理画面上で、キーワードやグループに対して、意図した曜日や時間帯毎に、媒体へ登録する入札額を「○円上げる、○円下げる」もしくは「○%上げる、○%下げる」といったルールを指定することができ、そのルールに基づいて自動で入稿することができます。

このカテゴリの新着記事

  1. 2017.03.16国産リスティング広告運用プラットフォーム「THREe(スリー)」、コールトラッキング(電話着信による広告効果測定)のアドゲイナーと機能連携
  2. 2017.01.31株式会社ロックオン、国産リスティング広告運用プラットフォーム「THREe(スリー)」の利用アカウント実績、5,000件を突破
  3. 2016.08.17株式会社ロックオン、「THREe」の新機能リリース!各媒体の入稿審査状況をメールで通知し、リスティング広告の掲載漏れを防ぐ「媒体審査アラート機能」を標準搭載
  4. 2016.03.01株式会社ロックオン、「THREe」のメイン機能、人工知能によるリスティング広告自動入札システム「ヒト型ポートフォリオ」を大幅刷新。少予算アカウントに特化したリスティング運用が可能に。
  5. 2014.06.04株式会社ロックオン、国産リスティング広告運用プラットフォーム「THREe」と、「アドエビス」の連携を強化。売上まで加味した間接効果の評価など、さらに先進的な自動入札を可能に

Archive