インターネットの広告効果測定「アドエビス」にてAPI正式版の提供を開始

株式会社ロックオン(本社:大阪府大阪市、代表取締役社長:岩田 進)が提供するインターネット広告の効果測定サービス「アドエビス」は2009 年12 月8 日より、API(Application Program Interface)を正式に提供開始いたします。

リリースの詳細

百年に一度とも言われる景気後退の影響を受け、広告効果に対する要求は、急速に高ま っております。
費用対効果が高い、又は費用対効果が可視化しやすいことが特徴であるインターネット 広告に関しても例外ではありません。現在、インターネット広告の効果と言えば、CPA と 言われる、ウェブサイトの特定ページへの到達にかかったコストを指標として評価するこ とが主流ですが、一部の先進的な企業におかれましては、より企業にもたらされた収益を 見て広告の評価をしたいという要求がありました。これに対し、これまでからアドエビス では「属性情報」という機能で、広告効果を企業の持つ顧客情報と紐付けるためのデータ を提供しておりましたが、昨今の時代的背景を受け、より深い情報をリアルタイムに分析 したいというニーズが高まりを見せています。
こうした流れを受け、株式会社ロックオンでは、アドエビスに蓄積されたデータを外部システム と連携して活用するためのウェブサービス(AD EBiS API)を正式に提供開始するに至り ました。API は、これまでからβ版として提供しておりましたが、今回の正式版では、よ り大規模な利用においても、安心してお使いいただけるよう大幅にバージョンアップした ものとなります。

提供条件

・提供形式: document/literal 形式のSOAP1.1
・レスポンス形式:XML およびHTTP

提供料金

・初期費用:無料
・月額費用:データ容量にかかわらず30,000 円(税別)

関連サイトURL

インターネット広告効果測定システム【アドエビス】

http://www.ebis.ne.jp/

このカテゴリの新着記事

  1. 2019.07.12アドエビス、マーケターと共に次世代のサービスづくりに取り組む“共創型”開発プロジェクトをスタート。製品化に向けたプロジェクト投票を開始。
  2. 2019.04.10アドエビス、広告配信プラットフォームとの連携実績21社突破!プラットフォーム間の広告評価基準を統一できる「ポストバック機能」が順次拡大中。
  3. 2019.03.26マーケティングプラットフォーム「アドエビス」、最新版Safari搭載のITP2.1に対応。
  4. 2019.03.13マーケティングプラットフォーム「アドエビス」、広告効果測定市場で4年連続No.1! シェア44.2%で引き続き業界をけん引。
  5. 2019.03.05アドエビス、デジタルマーケティングを成功へ導く大規模メジャーアップデート「AD EBiS UPDATE 2019 Spring」を発表、4月より順次リリース。~3/13開催『AD EBiS Conference 2019』にて全容公開・参加申込受付中~

Archive