インターネットの広告効果測定「アドエビス」にてAPI正式版の提供を開始

株式会社ロックオン(本社:大阪府大阪市、代表取締役社長:岩田 進)が提供するインターネット広告の効果測定サービス「アドエビス」は2009 年12 月8 日より、API(Application Program Interface)を正式に提供開始いたします。

リリースの詳細

百年に一度とも言われる景気後退の影響を受け、広告効果に対する要求は、急速に高ま っております。
費用対効果が高い、又は費用対効果が可視化しやすいことが特徴であるインターネット 広告に関しても例外ではありません。現在、インターネット広告の効果と言えば、CPA と 言われる、ウェブサイトの特定ページへの到達にかかったコストを指標として評価するこ とが主流ですが、一部の先進的な企業におかれましては、より企業にもたらされた収益を 見て広告の評価をしたいという要求がありました。これに対し、これまでからアドエビス では「属性情報」という機能で、広告効果を企業の持つ顧客情報と紐付けるためのデータ を提供しておりましたが、昨今の時代的背景を受け、より深い情報をリアルタイムに分析 したいというニーズが高まりを見せています。
こうした流れを受け、株式会社ロックオンでは、アドエビスに蓄積されたデータを外部システム と連携して活用するためのウェブサービス(AD EBiS API)を正式に提供開始するに至り ました。API は、これまでからβ版として提供しておりましたが、今回の正式版では、よ り大規模な利用においても、安心してお使いいただけるよう大幅にバージョンアップした ものとなります。

提供条件

・提供形式: document/literal 形式のSOAP1.1
・レスポンス形式:XML およびHTTP

提供料金

・初期費用:無料
・月額費用:データ容量にかかわらず30,000 円(税別)

関連サイトURL

インターネット広告効果測定システム【アドエビス】

http://www.ebis.ne.jp/

このカテゴリの新着記事

  1. 2019.02.04アドエビス、来店購入や電話注文といったオフラインで発生したコンバージョンを 加味した広告評価とアトリビューション分析が可能に。
  2. 2019.01.09アドエビス、BIツール導入におけるシステム構築支援サービスを開始。 ~データ連携とレポート画面の構築支援で、ツール導入時の課題を解消、迅速な経営判断をサポート~
  3. 2018.12.14アドエビス、広告配信プラットフォームに広告成果を返す「ポストバック機能」をリリース ~ ITPに対応した高精度の効果測定で広告配信プラットフォームを支援、5社で先行導入を開始 ~ 
  4. 2018.11.13アドエビス、「AD EBiS Partner Award 2018」を発表 ~アドエビスを活用したマーケティング支援実績優良パートナー6社、EBiStar取得上位6社が受賞~
  5. 2018.10.23アドエビス、新機能「コンテンツアトリビューション分析」をリリース。広告効果分析のノウハウをコンテンツ計測にも応用。

Archive