ECオープンソース「EC-CUBE」2系にて、公式決済サービス「EC-CUBEペイメント」をリリース

株式会社ロックオン(所在地:大阪府大阪市 代表取締役:岩田進)は、オープンソースのEC パッケージ「EC-CUBE」2 系において、公式決済サービス「EC-CUBE ペイメント」をリリースしました。
EC-CUBE オーナーはこれにより、公式ならではの豊富な決済管理機能を、ライトとスタンダードの2 種類の料金プランから選択が可能となります。クレジットカード決済だけでなく、コンビニ収納・電子マネー・Pay-easy(ペイジー)の決済手段を用意しており、これらの決済手段を一括、かつ、初期コストと開発の手間を節約しながら構築することが可能になります。
「EC-CUBE ペイメント」はGMO インターネットグループで、非対面クレジットカード等の決済事業を展開するGMO ペイメントゲートウェイ株式会社(東証一部:証券コード3769 所在地:東京都渋谷区 代表取締役社長:相浦一成以下、GMO-PG)との協業によるものです。

「EC-CUBE ペイメント」の特徴

(1)EC-CUBE 公式ならではの豊富な機能
カード情報登録機能を利用すると、ユーザーはカード情報を一度入力すれば、再購入時に 登録したカード情報を呼び出して利用することができるため、入力の手間を大幅に削減す ることができます。カード情報はEC-CUBE 上に残さず、「EC-CUBE ペイメント」サーバー上 で管理するのでセキュリティ面も安心です。オプションの2 クリック決済機能を利用すれ ば、通常5 クリック程度必要な購入フローを2 クリックに短縮することができます。カゴ 落ち対策に効果的な機能です。
またEC-CUBE の管理画面では、仮売上や売上確定といった売上ステータスの変更を行え るだけではなく、購入金額の変更も行うことができます。

(2)2 種類の料金プラン
「EC-CUBE ペイメント」には「ライト」「スタンダード」の2 種類の料金プランが用意さ れています。ショップの売上に応じたプランを選択できるため、決済代行会社を変更する 場合に比べ、乗り換えに関する手間を最小限に押さえることが可能です。

(3)多彩な決済手段
EC-CUBE ペイメントでは、クレジットカード決済に加え、コンビニ決済、電子マネー(「Edy」 「Mobile Edy」等)、Pay-easy という主要な決済手段に対応しており、当サービスだけで、 購入者が求める支払い方法の約80%に対応可能です。

(4)万全のセキュリティ対策
PCIDSS やISO27001 等に準拠し、20,379 店舗(2009 年6 月現在)の利用実績がある東証一 部上場のGMO-PG 社のシステムを利用しているので、セキュリティ対策も万全です。

関連サイトURL

EC-CUBE オフィシャルサイト

http://www.ec-cube.net/

EC-CUBE 開発コミュニティ

https://xoops.ec-cube.net/

EC-CUBE マニュアルサイト

http://wiki.ec-cube.net/

EC-CUBE オーナーズストア

http://store.ec-cube.net/

このカテゴリの新着記事

  1. 2018.12.20EC-CUBEと越境EC自動出品サービス「LISUTO!」がパートナーシップ契約を締結。AIが日本語の商品情報を自動最適化。手間なく世界中のECモールへ販路拡大が可能に
  2. 2018.12.19新しいEC-CUBEコミュニティを体感できるパートナー向けイベント「EC-CUBEパートナー新年会2019」を2019年1月24日(木)、東京 銀座で開催~ We are Community ! これからのEC-CUBEを創造する新しいネットワーキングイベント ~
  3. 2018.12.03株式会社ロックオン、最新版の不具合・機能修正を実施し、より安定した「EC-CUBE 4.0.1」をリリース。EC-CUBE 4公開から1ヵ月半でプラグイン、ドキュメント、提案用ツールなど周辺環境も充実  ~ あわせてEC-CUBE 今後のロードマップ・各バージョンのメンテナンス方針も公開 ~
  4. 2018.11.30株式会社ロックオン、ECにおけるモバイルユーザー体験の向上を目指し「AMPプラグイン」のβ版をリリース。あわせて、EC業界全体への貢献を目的として技術情報も公開。
  5. 2018.11.22株式会社ロックオン、「EC-CUBE 4」用の「Adobe XD」テンプレートファイルを提供開始。案件提案時の仕様書やプロトタイプ作成、デザイン、コーディングまで幅広く活用可能。

Archive