新卒2年目・3年目エンジニアが行く!いきなりGoogle I/O

この度、新卒二年目と三年目の二人でGoogle I/O 2019に参加することになりましたので、その記録をお伝えしたいと思います。
この記録は前後編で構成されており、行く前と行った後の記事となっています。
是非、前後編あわせてお楽しみください!
 

まずは自己紹介

左が平井、右が佐味谷です

平井[ヒライ]
はじめまして、新卒二年目の平井と申します!
開発部に所属しており、アプリケーションエンジニアをやっています。
主にPHPを用いて開発を行っています。
情報系大学院出身、英語は全然できない、海外に行ったのは国際学会発表でカナダに行った一回きりという、昨今のIT業界にしては珍しくドメスティックな野郎です。

佐味谷[サミタニ]
新卒三年目の佐味谷です。
社内では、インフラ関係のお仕事をメインに進めています。
平井くんと一緒で情報系の大学出身です。

今回はこの二人でGoogle I/O 2019に参加してきます!

 

どうして私たちがGoogle I/Oに行くことになったのか・・・

事の発端は、開発部長からのチャットでした。

※Google I/Oは、Google 主催の開発者向けカンファレンスで、場所はカリフォルニア州マウンテンビューで開催されます。
毎年多くの新機能の発表がされたり、様々なサービスの発表があり、エンジニアにとってのお祭りです。

Google I/Oとは・・・
去年のブログはこちら: Google I/O 2018 現地参加レポート

私たちは「これは超絶貴重なチャンス!!」と手を挙げさせていただきました。
他にも手を上げていた先輩社員の方々もいらっしゃいましたが、若い者で行ってきなさい、と譲って頂きました。先輩方ありがとうございました!

 

早速参加準備!

まずはじめに出発までにやらないといけないことを洗い出す作業から。
何回も2人で案出しを行いました。
ググったり、先輩に聞いたり・・・先人の知恵ありがたいです。
基本的にはスプレッドシートで管理をしました。

まず私、佐味谷はパスポートを持っていなかったので申請からです。
会社の近くで一人暮らしをしているので、実家まで帰るのは遠かったです。

10年の赤パスポート!

重要なのはすぐにホテルと飛行機の予約をする、ということです。
参加が決まったその日にはホテルと飛行機の予約を完了しました。
特に会場から近いホテルはすぐに埋まってしまうようなので、出来るだけ早く取らないといけないですね。

気になっていたのはSIMです。
現地では、翻訳やタクシーなどスマホを頼っていくので、通信できない・・となると一大事です。
さらに、カリフォルニアは日差しが強いという情報を得て、日焼け止めや帽子など一気にアマゾンで注文しました。

SIMは使えると噂のT-Mobile….!

 

今回のミッション

今回のミッションは
・将来的に開発方針に反映できそうな施策
・組織改善に反映できそうな施策
それぞれ最低1つ見つけて持って帰ってくる、というものです。

ステージの発表はYoutubeで公式に配信されていたり、各地でGoogle I/Oで発表された情報の報告共有会もありますが、現地でしか楽しめないようなイベントがたくさんあります。
Googleの技術者に1対1で相談できる場所や、自分のアプリケーションに対しての技術的なレビューをしてもらえるところもあるので、積極的に参加したいと思っています。

準備などしている間にもう開催まであとわずか・・・
正直なところわくわくと不安で大変です(笑)。
いかんせん海外旅行になれておらず、英語もままならないわけですから、現地で得た知識をまともに会社の人に届けられるのかが心配でなりません。
「なんの成果も得られませんでした!!」というわけにはいきませんからね。

不安がある一方で、とても楽しみです。
最新の技術!先駆者の経験や知識!数々の体験型イベント!
どれをとっても刺激的でたまりません。
分野も様々でdesign,webやmobileからML、果てはゲームや哲学チックなことまで、そこにはまさにGoogleにかかわるすべてのことが詰まっているわけです。
技術に魅せられた者なら(たとえgoogle信者でなくとも)誰だって楽しめるはずですよね!!
もしかしたらこれを機にgoogleに惚れこんでしまうかもしれません(笑)
というわけで、心境いろいろ複雑なところはありますが、全身全霊をかけて体感して来ようと思います!!

 

まとめ

以上が出発前の記録となります。
さて、帰ってきた私たちはどのような感想を述べるのでしょうか。今書いている自分も楽しみです。

せっかくなので、これを読んでくださった皆様に楽しみや良さを伝えれらる記事にできるよう、しっかり準備して当日に臨みたいと思います。
後編も是非お読みください!

それでは行ってきます~~!

 
***

株式会社ロックオンでは一緒に自社製品を育ててくれるエンジニアを募集しています。
社員の秘密基地でのお食事会「オフメシ」や座談会等も随時開催しておりますので、ご興味ある方はぜひ!
株式会社ロックオン エンジニア特集ページ
 

 

TOP