2018年上半期「締め会テーマ」ランキング

月末の金曜日、株式会社ロックオンでは「締め会」を開催しています。
1ヵ月間の頑張りをねぎらい、讃えあう社内コミュニケーションの場として、2016年から続けています。

最初の15分は情報共有の時間として、
最近始まった取り組みや社員主導で進めているプロジェクトの発表など、
その時々の取り組みやホットな話題を共有しています。

東阪の社員がTV会議越しに一緒にランチを食べ、その人に合う本を送り合うという企画の共有シーン

発表が終わったら、全員でカンパーイ!
ここからは、飲み物片手に軽食を食べながらのざっくばらんなコミュニケーションタイムです。
普段仕事で関わりのない人とも気軽に話せる機会となっています。

そして締め会を語る上で外せないのが、締め会のテーマ。
毎月違うテーマを設定して、テーマに沿った軽食を用意するようにしています。
「せっかく全員で集まる機会なので、少しでも驚きや感動が感じられる場にしたい。」
そんな思いから、テーマを考える時間はいつもワクワクした気持ちになります。

2018年も半分が経過したところで、
今年上半期の締め会について、アンケートを実施してみました。

上半期に実施した締め会のテーマにをランキング形式でご紹介したいと思います。
まずは、ランキング6位から!

 

【6位】3月開催 テーマ:お花見


桜の開花が早かった今年。
3月の締め会は、お花見をテーマにしてみました。
お花見気分を盛り上げてくれるお花見団子をメインに、桜っぽいもので春らしさを表現しました。

 

【5位】4月開催 テーマ:春のパン祭

「春と言えば…」で突如降りてきた、「パン祭り!」というワード。
CMでおなじみの“○マザキ 春のパン祭り~”の声が次第に頭から離れなくなり・・・
これはやるしかないね!ということで、4月のテーマが決定!

東京は、オフィスの近くにできたミッドタウン日比谷のおしゃれなパンを、
大阪は、デパ地下を2軒はしごして揃えた甘辛MIXな組み合わせで、
「甘い→辛い→甘い→辛い」の無限ループでパン祭りを楽しみました。

パン一個でシール一枚だとしたら、
お皿が一気に4枚もらえるくらいたくさんのパンを食べた春のパン祭りでした♪

 

【4位】5月開催 テーマ:アメリカ

5月は、アメリカで開催されたGoogleIOに参加してきた社員の発表があったので、
発表を聞くみんなもアメリカの雰囲気を感じられるようにと、テーマはアメリカで決定!

開催地カルフォルニアを連想させるカルフォルニアロールを筆頭に、
カラフルなベアグミ、ポップコーン、フライドポテトなど、
独断と偏見でアメリカぽいと感じる食べ物を用意してみました。

フライドポテトが男性陣に大好評で、
“おいしい。とにかくおいしかった”との嬉しいコメントも♪
お酒を飲む人にとっても、そうでない人にとっても、食べやすかったようです。
生の声は参考になります!

そしてここからは、いよいよ人気ランキング上位3位の発表!!

 

【3位】6月開催 テーマ:健康

5月のジャンキーな締め会とは打って変わって、6月のテーマは「健康」でした。
2018年度の健康診断結果を踏まえ、衛生委員会から健康の安全についての発表をメインコンテンツだったので、
それにあわせる形でヘルシーフードを用意してみました。

発表では、ここ数年の変化や産業医先生からのアドバイス、
前回の健康診断から改善が見られた社員の体験談を共有しました。

参加した社員からは、
“テーマ通り、みんなと健康について話ができた”
との狙い通りの声も♪

そして6月は、関西で大きな地震があったので、地震対策についての話も。
直前に購入した防災グッズで被害を免れた社員の体験談や日頃からできる対策など、
安全意識も高まる会となりました。

 

【2位】2月開催 テーマ:富士山

締め会が開催された2月23日は富士山の日ということで、富士山をテーマにしました。
富士山バウムに、富士山コーラ、富士山やきめしせんべいなど富士山のつく食べ物や
単に形が三角形なお菓子を用意。
ふわふわの富士山バウムがかわいいと好評でした。

富士山頂の雪は、セルフで降らせることもできます

そして栄えある第1位がこちら!!

 

【1位】1月開催 テーマ:シュウマイ食べ比べ

2018年上半期で最も人気が高かった、シュウマイ食べ比べ。
運営陣のシュウマイ食べたい願望を叶えたいという不純な動機だったのですが(笑)
なんと社員に行った人気ランキングで1位を獲得!
以心伝心だったということで、改めて一体感を感じることができました。

 
以上、2018年上半期の締め会テーマのご紹介でした。
これからも社内コミュニケーションの更なる活性化に向けて、
Impactのある楽しい企画をたくさん考えていきたいと思います。

TOP