文系出身の私が1人でセキュリティイベント「Hardening Day」に参加してみた結果

こんにちは。リレーション部の辻子です。

いつもは弊社のアドエビスをご利用いただいているお客様のサポート業務がメインのため、
技術的なこととはあまり関わりのない仕事をしています。

そんな人間が、2017年11月に開催されたセキュリティのイベント「Hardening Day」に参加してきました。

 

そもそも、Hardening Dayとは何か

 

 
「Hardening Day」は、”「守る技術」の価値を最大化することを目指す、全く新しいセキュリティ・プロジェクト”をテーマにしたセキュリティイベントです。

1チーム6人で、常にサイバー攻撃を受け続けるECサイトを運営し、
そのECサイトでどのチームが一番売上をあげることができるかを競います。

 
実は去年、私のリレーション部の先輩も、非エンジニアとして参加していました。

私、非エンジニアだけどエンジニア系イベントの“Hardening Day”に熱く参加してみた件

詳細は運営元のサイト「Hardening Project 2017」をご確認ください。

 

なんで参加したの?

今回の会場となる淡路島にいけるから!!

ではなく、単純に面白そうだったからです。
具体的には、普段の業務では全く関わることがない人たちと、一緒に何かをできるということに魅力を感じました。

ということで、たった一人で乗り込んできました。

 

参加してみてどうだったのか

サイバー攻撃からECサイトを守りつつ、売上を上げることが目的のイベントなので、
幸い非エンジニアが飛び込んでも、やれることがありました。笑
※メインはECサイト保守にはなりますが。

セキュリティ技術という普段あまり関わりがないものに触れたため、
その仕事をしている人が普段何をしていているのかということから、
何に悩んでいるのかというところまで、知ることができました。

その中には、意外と自分の仕事と共通することもあり、びっくりしました。

ちなみにチームの順位が2位だった上に、トレンドマイクロ賞をいただきました!!!

チームメンバーとトレンドマイクロの方とみんなで記念写真を撮りました。

また、10人が泊まれる1室を借りて、2泊3日をともにしたので、
部活の合宿のような気分になり、毎日夜中まで飲み明かしておりました。

だけど真面目にHardening Dayの準備もしています。

真面目な準備の様子

そして、早朝に起き、釣りをするというHardening Day以外のところでも淡路島を満喫しておりました!

淡路島もたっぷり満喫

結論として、学びもあり、楽しくもあり、仲間もでき、参加して本当によかったです。

もし、セキュリティに興味がないという方も参加して損は絶対ないです!!
というか参加したほうが絶対いいので、ぜひ参加してみてください!!!

 

TOP