今年も超交流会に行ってきました!~今年は新卒が報告します~

こんにちは、16新卒の石原、喜納、渡邊です。

今回は、私達が6月11日に参加してきました超交流会2016 ~みんなの超活躍社会~ (仮)についてレポート致します!!

image10

超交流会とは・・・?

『超交流会』 とは、京大で毎年開催されているオープンイベントです。
京大情報学同窓会の主催ですが、老若男女、誰でも参加できます。
京都大学大学院 情報学研究科に「在籍している人達」「卒業した人達」「卒業しようとした人達」(!)
が中心となり、『トークセッション』『1分間スピーチ』 が行われます。
お気軽に御参加下さい。
超交流会2016(06-11)より引用)

なるほど、、、

つまり「京大で、学生、先生、社会人が入り混じって自由に発信したり交流したりできるイベント」

なんですね。

株式会社ロックオンは今年で5回目の参加になります!

 

 

毎年株式会社ロックオンはブースで何か面白いことをやろう!と異質な空間を演出しています。

今回は京大に乗り込むならばこれだろ?とのことで

”挑め!京大生たちよ!クイズ”と称して

あらゆるジャンルの問題を取り揃えて京大に乗り込みました。

 

まずは、一分間スピーチ。

ヒッチハイクで千葉から会場まで乗り込んできた人、

かき氷を一気食いする人、開発した製品の紹介をする人など、皆さんキャラが濃い!

 

image03

ゴリラも登場

 

 

1分間トークが終わったら次はブース設営!

 

準備したブースはこちら!

image04

なんとTシャツが1枚足りず、石原はそこはかとなく似た服を着て参加

 

隣のブースではロックオフから毎年恒例の

OEED(オープンエンジニアエナジードリンク)を提供していました!

味は全部で3つ

 

image17

・信頼と実績の緑

・キラキラ系ゆとりピーチ味(ピンク)

・さっぱり系イケメン味(ブルー) new!!

 

手作りという言葉の響きなのか・・・最初は敬遠される人も多かったですが、

飲んでみると意外と美味しいとびっくりされる人がたくさん!

遂には全種類飲みに来るコアなファンや

複数を混ぜて飲むオリジナルテイスターまで現れて大人気でした。

ちなみに一分間スピーチでは

image14

司会者「また今年も変なやつ来たぞ!」

やはり毎年の恒例として認知されているようです。

 

 

会場では、他企業のブースもたくさんありました。

マグネットで引っ付くかわいいネコを配っているブースや、

アプリを登録するとその場でリアルガチャが引けるブースなど、

私達も楽しませていただきました!

 

IMG_5570IMG_5576

 

 

 

 

 

 

なかには、こんな方も。

image16

ヒッチハイクで千葉から会場まで乗り込んできた人

さて、 ”挑め!京大生たちよ!クイズ”についてもお伝えしますね。

クイズに正解された方には、株式会社ロックオンからノベルティをプレゼントします!

目玉プレゼントはこちら

image18

左 EC-CUBEのマグカップ 右 EC-CUBEのぬいぐるみ

 

ぬいぐるみは最高難易度の問題に正解された方のみのプレゼントです!

最高難易度の問題はとても難しいですとお伝えしていたのですが、

さすが京都大学出身のツワモノたち、多くの方が最高難易度のクイズに挑戦されました。

 

ちなみに最高難易度のクイズはこちら

 
【クイズジャンル】 京都大学にまつわる問題
【問題】
“京都大学の本部所在地といえば、京都府京都市左京区吉田本町36番地1ですが
緯度経度は何度でしょう。”

 

 

・・・誰が分かるんやこれ(一同)

 

ちなみにこの問題を考えたのは、、、

 

image15

「正解はウィキで調べてこい」 by喜納

 

オニですね。

 

 

なんとここで、弊社の代表である岩田も様子を見にきました!

 

image01

Tシャツがかわいい

 

さて、多くの挑戦者が挫折していくなかで、

マグカップや手帳に挑戦し正解される方もおられました。

簡単な問題は本当に簡単なのです!

(京阪の終電の駅は? A.出町柳(京都大学の最寄り駅 など)

 

image13

マグカップ獲得です!おめでとうございます!

 

 

 

 

 

などなどとクイズも非常に盛り上がりを見せる中、そろそろ超交流会も閉幕です。

最後にはオードブルが用意され、おいしく頂きました!

image12

※画像はイメージです

 

学生だけでなく卒業生の方々や企業の方々など、

一日を通して多くの方と交流することが出来ました。

image02

様々なプログラムも用意されていました!

 

関西の盛り上がりを感じることができて、とても刺激的なイベントだなと感じました。

そして、私達もさらなる盛り上がりを起こしていきたいと強く感じた一日でした!

 

TOP