2015年度 年頭所感

謹賀新年

2014年は「節目」として設定していた東京証券取引所マザーズ市場への上場を果たすことができました。当社理念を実現するため、大きくステージを変えることができたと感じております。あらためまして、これまでご支援頂いた全ての皆様に感謝申し上げます。今後はパブリックカンパニーとして多くの社会資本を預かる立場になったことを自覚し、継続した企業価値の向上を実現することで、社会へ貢献して参る所存です。

2015年の方針につきましては、上場時に発表しました「成長可能性に関する説明資料」にも掲げている通り、企業のデジタルマーケティング活動を円滑化するソリューションの提供を、当面の方向性としておりますが、本年は、中でも以下の3点に注力致します。

1.広告プラットフォームの拡充
デジタルマーケティングは、スマートフォンの普及によってデバイスが多様化し、アドテクの進化によって高度化・自動化しており、当社プラットフォームに対しての要求も高まりを続けております。当社では効果測定と自動化のサービスをいち早く手掛けて育ててきておりますので、これを時代の要請にあわせて拡充して参ります。

2.業務資本提携
何よりもスピードが求められるインターネット業界においては、オーガニックな成長だけでは十分な事業スピードを確保できない場合も少なくありません。シナジー効果の高い企業との業務資本提携も模索することで、高まる社会ニーズに迅速かつ柔軟に対応できる組織を目指します。

3.グローバル展開のための組織作り
当社は2010年にアメリカシリコンバレーに子会社を設立しております。そこでの学びから、組織のグローバル化なくしてサービスのグローバル化はないという信念を持つに至りました。2011年からはベトナム ホーチミンでオフショア開発拠点を育ててきており、常勤で30名を超える組織へと成長しています。今後は本社組織のグローバル化のフェーズへと入ります。まずは日本とベトナム拠点との人材交流を行い、大阪本社が国際色豊かな組織へと変革させることから始めて参ります。

思えば大阪に本社を置くインターネット企業としては、当社は7年ぶりの新規上場となりました。「大阪から世界へ」の合言葉を胸に、地域を、日本を代表する企業になるべく、志高く、かつ初心を忘れること無いよう、一歩一歩取り組んで参ります。

本年もどうぞよろしくお願いします。

代表取締役社長 CEO 岩田進

 

TOP