EC-CUBE×Micsrosoft Azureの連携開発合宿!

こんにちは。
EC-CUBEユニットの銭谷(ぜにや)です。

4月16日~4月18日に、EC-CUBE×Micsrosoft Azure開発合宿を行いました。

この合宿は、全国の開発者に参加頂き、
株式会社ロックオンが開発元として提供しているECオープンプラットフォームのEC-CUBEと
マイクロソフト様がクラウドプラットフォームとして提供されているMicsrosoft Azureとの
連携や最適化をテーマとした開発を行うことを目的とした合宿となります。

愛知県西浦温泉にて、2泊3日の日程で行われたその内容を御紹介させて頂きます。

1日目
まずは、名古屋駅近くの名古屋飯屋にて懇親会が行われ、各メンバー通し交流を深めます。

懇親会終了後は、チャーターしたバスで西浦温泉まで移動し、温泉に入り就寝。

2日目
朝食をとり、いよいよ壮絶な(?)開発合宿の幕開けです。

午前中は、セミナー形式で開発方法やMicsrosoft Azureについての講義が行われ

EC-CUBE公式エバンジェリストでもあるLoop AZの大河内様からAzureでの開発についての講義。

続いて、日本マイクロソフトの松崎様、関田様から、Azureのサービスなどについてご説明。

この後、昼食を挟み、実際にどのようなテーマで開発するか話し合いながら決めていき、
決まった人から本格的に開発着手。

夕方には、一度中間発表として、どのような開発を行うかや進捗などを発表しました。

中間発表後も開発は続き、夜には温泉旅館らしく、懐石料理を堪能しました。

お腹いっぱいになったところで、ゆっくり温泉に入ってお休みなさい!

と、いかないのが、開発合宿です。
食後、ほとんどの参加者が会議室に戻り、温泉に目もくれず、再びもくもくと開発を進める。

せっかくの温泉地にきているので、出来れば温泉を堪能して頂きたいのですが・・・。

こうして2日目が終わって行きました。
(中には、朝日が昇るまで開発を続けられた方もおられました・・・)

3日目
午前中は発表の準備をし、昼食後は、いよいよ成果発表です。

今回の合宿では以下のような、内容が発表されました。

・EC-CUBE×Microsoft Azure用LinuxサーバをAzureに作ってみた
・EC-CUBE 2.13をSQL Databaseに対応させる
・Microsoft Azure WebサイトにおけるEC-CUBEの最適化
・EC-CUBEとMicrosoft Dynamics CRMの連携
・Azure+EC-CUBEでマルチサイト構成を組んでみた
・半日でAzure上にネットショップを作ってみた

今回の開発成果についての詳しい内容は、gihyo.jpにて、順次掲載されているので
以下、特設ページからご覧ください!

http://gihyo.jp/design/serial/01/azure_eccube

発表終了後は、今回、参加された一人一人に、EC-CUBE開発統括責任者の金陽信より
EC-CUBE on Azure サーティファイドエンジニアの認定書が授与されました。

最後に、全員で集合写真を撮影し開発合宿の終了となりました。

2泊3日という短い時間ではありましたが、参加者された皆さんの挑戦する姿勢、素晴らしいアウトプットを見て、
運営側の私も大変、刺激を受けました。

今後もEC-CUBEの開発合宿は開催されますので、その際は改めて御紹介させて頂きたいと思います。

それでは!

TOP