株式会社ロックオン、「EC-CUBE 3」を利用した朝日オリコミ様ECサイト「チラシDo!」の事例インタビュー記事を公開。~人とサイトで良いとこ取りのサービスを実現~

株式会社ロックオン(本社:大阪府大阪市北区 代表取締役社長:岩田 進、以下、ロックオン)は、国内No.1シェアECオープンソース「EC-CUBE」(※1)最新版「EC-CUBE 3」で構築した株式会社朝日オリコミ大阪様(本社:大阪府大阪市北区 代表取締役社長:細見 孝、以下、朝日オリコミ大阪)のECサイト「チラシDo!」について、事例インタビュー記事を2016年11月21日に公開いたしました。

朝日オリコミ大阪様は、関西地域に密着した折込広告の企業です。今回、折込広告の仕組みという「モノ」ではなく「コト」を売るECサイトを構築するにあたり、ASPカートやモールサービスでは難しい柔軟で様々な要望に対応できるカートシステムとして「EC-CUBE」を選択されました。その結果、これまで営業が人手で対応していた見積もりから購入までの流れを、フロント画面やバックヤードのカスタマイズにより、ECサイトで表現できた点を高く評価いただきました。

161121_cube

朝日オリコミ大阪様事例インタビュー記事はこちら:http://www.ec-cube.net/tsubo/2016/10/21/5168
チラシDo!サイト:http://chirashi.do

チラシDo!サイトについて

「チラシDo!」はインターネット上から新聞折込広告、ポスティング、チラシの印刷、デザインなどの発注を行うことの出来るECサイトです。
通常、新聞折込広告は、折込広告代理店の営業スタッフがサポートして進める場合が多かったため、小規模なビジネスオーナーや、個人事業者などへの対応が手薄になる傾向がありました。本サイトでは、そのような小規模なチラシ配布をしてみたいという広範なお客様のニーズに対応するためにインターネットから簡単に発注を行うチャンネルを提供しています。

「EC-CUBE」について

ECオープンプラットフォーム「EC-CUBE」は、ロックオンが開発したECサイト構築パッケージをオープンソースとして2006年9月に公開したもので、日本No.1 EC構築オープンソースとして認定されており、推定30,000店舗以上で実際に稼働しております(ロックオン調べ)。2014年9月には企業間商取引(BtoB)向けECサイト構築パッケージ「EC-CUBE B2B」をリリース。2015年7月には内部構造を全面刷新し、「拡張性の向上」を追求した「EC-CUBE 3.0」をリリースしております。

※1:独立行政法人情報処理推進機構「第3回オープンソースソフトウェア活用ビジネス実態調査」による

本件に関するお問い合せ先

株式会社ロックオン 広報担当:範国
問い合わせフォーム:http://www.lockon.co.jp/contact/
TEL:06-4795-7500
■株式会社朝日オリコミ大阪概要
会社名:株式会社朝日オリコミ大阪
所在地:大阪市北区中之島2-3-18 中之島フェスティバルタワー19階
代表者:細見 孝
設立:1971年1月11日

URL:http://www.ao-osaka.co.jp

このカテゴリの新着記事

  1. 2017.06.20株式会社ロックオン、EC-CUBE×オンライン接客サービスとの連携強化を発表。EC-CUBE利用店舗の売上アップを積極サポート。~ オンライン接客サービス特設サイトの設置、「ecコンシェル・f-traCTA・ZenClerk・Chamo 特別セミナー」を7/12に開催するなどサービス導入も積極支援 ~
  2. 2017.06.14株式会社ロックオン、Facebookページ上での商品紹介や、リターゲティング広告配信など、 売上アップに貢献する「Facebook連携プラグイン」をEC-CUBEオーナーズストアで配信開始~ Facebookの最新機能に対応。Facebookページのショップセクション連携は国内企業初 ~
  3. 2017.03.27株式会社ロックオン、ライフティ株式会社が提供するウェブ完結型後払い(分割払い・ショッピングクレジット)決済サービス「WEぶんかつ(うぇぶんかつ)」をEC-CUBEに標準搭載。
  4. 2017.03.14株式会社ロックオン、EC-CUBE最新版「EC-CUBE 3.0.14」をリリース。管理画面の機能改善、大規模サイト運用改善など、多数の機能改善要望に対応し、細部の完成度を高めたバージョンに。~ 前バージョンより約50件も多い、134件の機能改善・修正に対応 ~
  5. 2017.03.01株式会社ロックオン、EC-CUBE最新評価版「EC-CUBE 3.1α」を公開。最新版は機能もデザインもカスタマイズが簡単に。学習コスト・カスタマイズ工数の大幅減を目指す。

Archive