株式会社ロックオン、「EC-CUBEペイメント」にリスティング広告費をまとめて請求書払いできる集客支援サービスを追加

株式会社ロックオン(本社:大阪府大阪市北区 代表取締役社長:岩田 進、以下ロックオン)は、GMOペイメントゲートウェイ株式会社(本社:東京都渋谷区 代表取締役社長:相浦 一成)と提供するEC-CUBE公式決済サービス「EC-CUBEペイメント」のオプションとして、集客支援サービス「リスティング広告費をまとめて請求書払いできるサービス」を2016年2月5日より販売いたします。
また、本リリースに合わせて、EC-CUBE 3.0系からGoogle AdWordsやYahoo!JAPANスポンサードサーチへの入稿作業コストを大幅に軽減することが可能となる、商品データを元にした入稿用CSVファイルを簡単に作成できる「リスティング広告 入稿用CSV作成プラグイン」も、2016年2月5日よりEC-CUBEオーナーズストアにて無料で配布を開始いたします。

・EC-CUBEペイメント特設サイトはこちら:http://www.ec-cube.net/product/payment/
・リスティング広告 入稿用CSV作成プラグインの詳細はこちら:http://www.ec-cube.net/products/detail.php?product_id=1084

本プレスリリースの詳細

「EC-CUBEペイメント」は「EC-CUBE」の公式決済サービスとして、2009年10月、ロックオンがGMOペイメントゲートウェイ株式会社とリリースしたもので、ユーザーの利便性、及び売上の向上を目的に「公式だからこその充実した機能」「店舗主様と同じ目線の手厚いサポート」をテーマとしております。
この度、更なる売上向上へのサポートとして、今までとは異なる視点でサービスを開発し、集客支援サービス「リスティング広告費をまとめて請求書払いできるサービス」を追加する運びとなりました。自社ECサイトの集客施策としてリスティング広告は親和性が高いと言われていますが、広告出稿の効果による売上が上がるよりも前に広告費を支払う必要があります。そのため、キャッシュフローの悪化を懸念し思い切った広告出稿ができないという課題がありました。この度リリースする「リスティング広告費をまとめて請求書払いできるサービス」では、広告費の支払いが翌々月末となるため、キャッシュフローの悪化を心配することなく安心して広告出稿をしていただけます。また、Google AdWordsやYahoo!JAPANスポンサードサーチへの出稿代金の支払い一元化もできるため、管理コストの削減にもつながります。

「EC-CUBE」について

ECオープンプラットフォーム「EC-CUBE」は、ロックオンが開発したECサイト構築パッケージをオープンソースとして2006年9月に公開したもので、日本No.1 EC構築オープンソースとして認定されており(※)推定22,000店舗以上で実際に稼働しております(ロックオン調べ)。2014年9月には企業間商取引(BtoB)向けECサイト構築パッケージ「EC-CUBE B2B」をリリース。2015年7月には内部構造を全面刷新し、「拡張性の向上」を追求した「EC-CUBE 3」をリリースしております。

「EC-CUBE」オフィシャルサイト
「EC-CUBE」開発コミュニティ
「EC-CUBE」多言語版オフィシャルサイト
「EC-CUBE B2B」特設サイト
ネットショップの壺powered by「EC-CUBE」

※独立行政法人情報処理推進機構「第3回オープンソースソフトウェア活用ビジネス実態調査」による

本件に関するお問い合せ先

株式会社ロックオン 広報担当:梶原
お問い合わせフォーム: https://www.ec-cube.net/contact/
TEL:06-4795-7500

このカテゴリの新着記事

  1. 2016.08.24EC-CUBE Ver2系、サポート期限延期に関するお知らせ
  2. 2016.08.23ロックオン・売れるネット広告社・GMOペイメントゲートウェイ「“100%確実”に売上がアップする!独自ECサイト立ち上げワンストップセミナー」福岡・東京・大阪で開催。~店舗主を対象に、独自ECサイト構築から売上改善まで網羅、個別相談会も実施~
  3. 2016.08.01株式会社ロックオン、EC-CUBE 3.0リリース1周年記念 EC-CUBE公式決済特別キャンペーンの第二弾を公開。コンビニ決済・ペイジー決済を無料で提供。
  4. 2016.07.12株式会社ロックオン、EC-CUBE 3.0リリース1周年を記念して、EC-CUBE公式決済の特別キャンペーンを実施
  5. 2016.06.30株式会社ロックオン、EC-CUBEの更なる他サービス連携に向け、EC-CUBEの機能やデータを外部サービスから利用できる「API機能」のβ版をリリース

Archive