株式会社ロックオン、「EC-CUBE 3.0」と連携するiOS、Android向け「EC-CUBEスマートフォンアプリ作成キット」をオープンソースとして無償提供開始。

株式会社ロックオン(本社:大阪府大阪市北区 代表取締役社長:岩田 進、以下ロックオン)は、日本No.1 EC構築オープンソース(※1)「EC-CUBE」の最新版「EC-CUBE 3.0」のサイトと連動したiOSやAndroidのスマートフォンアプリを数行ソースコードの変更だけで作成できる「EC-CUBEスマートフォンアプリ作成キット」をリリースしたことを2016年1月14日に発表いたします。
「EC-CUBEスマートフォンアプリ作成キット」はEC-CUBE本体と同様オープンソースとして無償提供いたします。ユーザーは「EC-CUBE 3.0」で構築されたネットショップのURLなどソース内の数行を書き換えるだけでオリジナルのiOS、Androidアプリとして公開ができるため(※2)、コストゼロで手間なく販売網の拡大やサービス向上を行うことが可能です。

160114_cube

EC-CUBEスマートフォンアプリ作成キットの詳細はこちら

EC-CUBEスマートフォンアプリ作成キットの特徴

「EC-CUBEスマートフォンアプリ作成キット」は以下のような特徴を持っています。

・MITライセンスのオープンソースとして無料で提供
・簡単な修正のみでiOSとAndroidのアプリとしてリリースすることが可能
・EC-CUBE 3.0で作られたECサイトと連動するため商品、顧客、受注管理等全てを、いつものEC-CUBE管理画面から運用することが可能
・オープンソースなので自由にカスタマイズし機能を拡張することが可能
・「EC-CUBEオーナーズストア」で提供されている「Appiaries プッシュ配信プラグイン」を利用すれば、メールマガジンと同じ要領で会員に向けてプッシュ通知を配信することが可能。(※3)

「EC-CUBEスマートフォンアプリ作成キット」はECオープンプラットフォーム「EC-CUBE」の1つとして今後、プラグインや周辺サービスの拡充を積極的に行ってまいります。

リリースの背景

スマートフォン利用者によるネットショップの利用は年々増加しており、大手モールなどではメールマガジンの開封率の低下からニーズが急激に高まっている「Push通知機能」など、スマートフォンの機能を最大限に活用することができる「ネイティブアプリ」の提供が進んでいます。一方、EC-CUBE利用者のような独自ドメイン型の店舗では、開発コストや運用コストの高さからネイティブアプリへの対応が進んでいない状況で、簡単にオリジナルのネイティブアプリが提供できる環境が期待されていました。
2015年7月にリリースされた「EC-CUBE 3.0」は、旧バージョンから内部構造を大幅に刷新し、ネイティブアプリやPOSレジ連携、IoT対応等を想定し、様々な拡張性の向上を図ったバージョンです。リリース以降も拡張性の向上を図り、この度、要望の多かったネイティブアプリへの対応を行ったものです。

「EC-CUBE」について

ECオープンプラットフォーム「EC-CUBE」は、ロックオンが開発したECサイト構築パッケージをオープンソースとして2006年9月に公開したもので、日本No.1 EC構築オープンソースとして認定されており(※1)推定22,000店舗以上で実際に稼働しております(ロックオン調べ)。2014年9月には企業間商取引(BtoB)向けECサイト構築パッケージ「EC-CUBE B2B」をリリース。2015年7月には内部構造を全面刷新し、「拡張性の向上」を追求した「EC-CUBE 3」をリリースしております。

「EC-CUBE」オフィシャルサイト
「EC-CUBE」開発コミュニティ
「EC-CUBE」多言語版オフィシャルサイト
「EC-CUBE B2B」特設サイト
ネットショップの壺powered by「EC-CUBE」

※1:独立行政法人情報処理推進機構「第3回オープンソースソフトウェア活用ビジネス実態調査」による
※2:iOSやAndroidアプリとして、App StoreやGoogle Playでの提供には別途各社の手続きが必要です。
※3: Appiaries プッシュ配信プラグインの利用にはAppiariesの契約が必要となります。

本件に関するお問い合せ先

株式会社ロックオン 広報担当:梶原
お問い合わせフォーム: https://www.ec-cube.net/contact/
TEL:06-4795-7500

このカテゴリの新着記事

  1. 2016.07.12株式会社ロックオン、EC-CUBE 3.0リリース1周年を記念して、EC-CUBE公式決済の特別キャンペーンを実施
  2. 2016.06.30株式会社ロックオン、EC-CUBEの更なる他サービス連携に向け、EC-CUBEの機能やデータを外部サービスから利用できる「API機能」のβ版をリリース
  3. 2016.06.06株式会社ロックオン、各種ポイントとの連携カスタマイズを考慮した「EC-CUBE 3.0系 ポイントプラグイン」をリリース。
  4. 2016.05.16株式会社ロックオン、EC-CUBE事業の屋台骨、サイト構築企業のための「EC-CUBEインテグレートパートナー制度」を大幅刷新。評価方法刷新による新規パートナー早期活躍化等、国内随一のパートナーエコシステムを更なる進化系へ
  5. 2016.05.06株式会社ロックオン、「オープンソースカンファレンス2016」全国4カ所(名古屋、北海道、沖縄、京都)に出展決定。~「EC-CUBE 3.0」や今秋リリース予定の「EC-CUBE API」等、最新情報をお届け~

Archive