株式会社ロックオン、国内初となる広告運用のベンチマーク指標「エビスINDEX」を発表。マーケティングメトリックス研究所による分析事例も併せて公開

株式会社ロックオン(本社:大阪市北区 代表取締役社長:岩田 進、以下ロックオン)は、2013年7月23日、独立行政法人産業技術総合研究所(理事長:中鉢 良治)(以下産総研)との共同研究により、広告効果測定システム「AD EBiS(アドエビス)」(以下アドエビス)が保有するビッグデータを整理し、広告運用におけるベンチマーク指標となる「エビスINDEX」の作成に、日本で初めて(※当社調べ)成功した事を発表致します。

リリースの背景と概要

インターネット上でのマーケティング施策の成果を判断するために、ツールを活用してCVRやCPAなどの指標を定点観測、分析することは当たり前になっています。しかし、分析対象は自社にある過去のデータに留まっており、自社の事業領域におけるマーケティング施策の全体の傾向を含めることができていませんでした。
そこで、アカウント開設数5,500件もの実績があり、国内最大級のプライベートDMP(※1)でもあるアドエビスが保有するビッグデータを、産総研との共同研究により、事業領域毎に「マーケティング施策の傾向を表す統計データ」(以降、エビスINDEX)として数値化することに成功しました。(※2)

エビスINDEXを活用すれば、ネットマーケティング施策の分析において、成果を内的要因だけでなく、外的要因も含めて判断することができます。その結果、過去の実績だけでなく事業領域内全体の傾向を踏まえたマーケティングプランを創ることも可能になると予想されます。

また、エビスINDEXの具体的な活用事例・手法を、マーケティングメトリックス研究所にて紹介しております。

※1 … 企業が自社で構築し、第三者に利用されないデータ群を格納したプラットフォームのこと
※2… 第1弾としてCVR指標のインデックス化に成功しました

今後の展開

今後、マーケティングメトリックス研究所主導のもと、今まで規模の観点から俯瞰できなかったビッグデータを統計データにすることで可視化して、マーケティングの最適化に活かすための研究を進めて行きます。
そのための共同研究者を募集しております。ご興味のある方は、是非お問い合わせください。

関連サイトURL

本件に関するお問い合せ先

株式会社ロックオン 担当:松本、豊澤
E-mail :contact@mm-lab.jp
TEL :06-4795-7500

このカテゴリの新着記事

  1. 2015.01.27デジタルマーケティングとビッグデータを一度で学べる! 大学生・大学院生向け「マーケティングメトリックスアカデミー」の第2期生を募集開始
  2. 2013.12.25株式会社ロックオン、明治大学科学技術研究所2013年度 第3回公開講演会にて「デジタルマーケティング‐ネット広告の効果検証とその活用‐」と題した講演を行います。
  3. 2012.09.28広告効果測定システム「アドエビス」のデータを業種別に分析する「業種別統計シリーズ」を、マーケティングメトリックス研究所より発表。
  4. 2012.08.31株式会社メディアジーンの運営するブログメディア「ギズモード・ジャパン」の記事広告効果を計測・アトリビューション分析を実施。
  5. 2010.09.29新しい効果指標「TCPA」を活用したキャンペーンの全体最適化サービスの提供及び、3 社限定無償提供を開始

Archive